アオアシ 264話 ネタバレ 感想 青森星蘭戦 後半 葦人に蘇るあの感覚

漫画「アオアシ」最新264話「この手の中に」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、後半。桐木や冨樫の良さをうまく引き出して葦人はゴール前にチャンスを作り出す。高杉のお明日に桐木が反応しシュート。果たしてボールの行方は・・・

 



スポンサーリンク


 

264話の続き、アオアシ最新265話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 263話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 262話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 263話の振り返り

 

アオアシ 263話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン後半戦。槇村は冨樫へのパスコースを塞ぐようにDFに指示。葦人は研究した桐木のプレーを引き出させる、桐木はドリブルで抜いてから冨樫にパスを繋ぐ

葦人は今度は冨樫に音を聞けと指示、冨樫は近づいてきた高杉にパスを通す。高杉は自らシュートではなくよりゴールの可能性が高くなるだろうと桐木にパスを繋いだ。ゴール前桐木のシュートの行方は

 

アオアシ 最新 264話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭

葦人はグラウンドにトリポネと北野の幻影が見え、目を疑う
阿久津に言われたとおりに仲間を知ることで、皆を繋ぐことができた
でもこんなもんじゃないと自信を見せる

 

(北野とトリポネが見えたのはネガティブなビジョン、恐怖かと思ったんですが違ったようですね。あちら(代表)側の世界ってことなのかな?)

 

葦人がDFを引きつけたことで、できたスペースに桐木が走り込みシュート
北野が足を伸ばして飛び込み、寸前でブロック

 

(おおおおおおお、ここで北野!!ここまで下がってきてた。北野には見えてたんでしょうねー)

 

 



スポンサーリンク


 

こぼれ球を押し込もうと選手たちが群がる
葦人の背中に当たり、転がったボールを槇村が拾い青森星蘭は難を逃れた

 

(決まらないだろうとは思っちゃいましたが、期待したよねー(笑)桐木パイセンのゴール見たかったなー)

 

目を潤ませる葦人
その表情に北野は目を奪われる

葦人は船橋戦で掴みかけた突き抜けるような感覚が戻ったことに喜ぶ
北野に微笑みかけて葦人は立ち去った

 

(何考えてるかわかんないのは北野の専売特許だったのに(笑)葦人こえええ)

 

こぼれ球に集まり、クラッシュした選手たちの救護で試合がストップ

成宮監督は清吉に礼を言って立ち上がる
雪が降り始める

ベンチに戻ってきた北野はこのままでは負けると微笑む
なんで笑って言えるんだと怒るメンバー
羽田は北野に同意だと口を挟み、夏に成宮監督が試したあの形がやりたいと提案する

 

 

 

一か八かの成宮監督の形、北野ありきの作戦てどんなでしょうか
ここでようやく成宮監督の本領発揮ですね

葦人も覚醒しそうなので、覚醒後の葦人に全力で成宮監督と北野にはぶつかってもらいたいです
それで覚醒Verの凄さがわかるはず!

番外編の「ブラザーフット」では葦人の兄、瞬が練習生としてユースの練習に参加・・・ボッコボコにされるというツライ展開!
ユース監督の剣崎さん、かっこええです

 

アオアシ 265話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。