アオアシ 266話 ネタバレ 感想 青森星蘭の本当の狙い

漫画「アオアシ」最新266話「静かなる逆襲」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、後半。メンバーを交代させてフォーメーションを変えてきた青森星蘭。選手たちからは生気が失われている。何事かと首を傾げた葦人、北野がひとり不敵な笑みを浮かべるのに気づく

 



スポンサーリンク


 

266話の続き、アオアシ最新267話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 265話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 264話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 265話の振り返り

 

アオアシ 265話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン後半戦。給水時間すら感覚を失いそうで早く終わってほしいと葦人は考えていた。福田監督はボトルを手渡してそのまま行けと助言する

1年を投入する青森星蘭。フォーメーションを変えてきた青森星蘭だったが、全員生気を失ったようだった。ボールがサイドラインを割る。葦人はスローインしようとして不敵な笑みを浮かべる北野に気づいた

 

アオアシ 最新 266話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭

ひとり薄笑いを浮かべる北野のことが気になったが
葦人は戻りつつある感覚に集中し試合を続行

青森星蘭のフォーメーションが変わってから、プレスがゆるく
朝利は右サイドから強引に突破
センタリング、というところで北野がスライディングでセーブ

朝利はあの北野が守備に奔走していると手応えを感じる

 

(朝利・・・調子に・・いや勢いに乗るの早くない?笑)

 

 



スポンサーリンク


 

福田監督は青森の陣形に嫌な予感がし、月島とボードを使って整理することに

スローインしようとした朝利
目の前の藤長が北野に声をかけられた後もブツブツと独り言を言い続けているのに気づく

葦人も青森の選手たちが皆、何かをブツブツとつぶやいているのに気づく
観客席でも、夏や杏里たちが話をしている
青森中盤の5人がぎゅっと中に集まっていると

 

(これは・・何かが始まっていますね。何かわからない恐怖がありますね。ブツブツ言ってるのは皆やることがややこしすぎて暗唱してんのかな?)

 

朝利のスローイン
山田から高杉、そして再び朝利へ

北野は目を見開く

 

ベンチではコーチ陣が青森の陣形を確認
福田監督は何かに気づく

 

(く・・・来るぞおおおおお)

 

北野は入った!行け!!と指示
青森の選手たちが朝利にプレスをかける

藤長にボールを奪われる
走り出す羽田たち

 

 

パスが羽田から北野へとつながる

精度の高いパス回しに戸惑うエスペリオン
観客席の金子記者は青森がポゼッションサッカー?と驚く

葦人は切り返しの速さから、生気を失っていたのではなく
チャンスを狙って凄まじく集中していたのでは?と考えを改めた

 

これはしてやられましたね
北野が決めちゃいそーー
しかもポゼッションで!!

阿久津!!そして志村パイセン!!なんとかお願いします

番外編のブラザーフットでは瞬が左足で神がかったゴール。無事に練習生に!!アツいエピソードでした。しかし、しばらく休載・・・残念すー

 

アオアシ 267話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。