アオアシ 267話 ネタバレ 感想 青森星蘭戦 北野の意図を汲み取る

漫画「アオアシ」最新267話「悪魔出現」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、後半。フォーメーションを変えて、むしろプレスが弱くなった青森星蘭だったが、朝利のボールを奪いカウンターからポゼッションサッカーを展開。ゴール前に北野が走り込む・・・

 



スポンサーリンク


 

267話の続き、アオアシ最新268話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 266話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 265話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 266話の振り返り

 

アオアシ 266話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン後半戦。薄ら笑いを浮かべる気味の悪い北野が気になる葦人だったが、感覚を掴みかけているとプレーに集中する

青森星蘭のプレスが緩くなったと、朝利が前進。チャンスを作り出すもサイドラインを割る。スローイン時に青森星蘭の選手たちがブツブツとなにかを言っているのに気づく

試合再開、朝利にボールが渡ると急なプレスからボールを奪いカウンター。早いパス回しから、青森星蘭がポゼッションをしていることがわかる。葦人は青森星蘭の選手たちが生気を失っていたように見えたのはプレーに集中していたからだったと理解した

 

アオアシ 最新 267話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭

青森星蘭の高速なパス回し
ゴール前の樋沢に北野からパスが通る

シュートは阿久津が反応しなんとかクリア

 

(前話の終わりではもうこりゃ決まったかな・・と覚悟したんですが。とはいえここからまだ青森の優勢が続きそうです)

 

 



スポンサーリンク


 

大友は急な青森のパスの精度に驚愕
他のエスペリオンメンバーにも動揺が走る

北野を中心に置いて1年の4人が周りを囲み、サイコロの5の形になっている
桐木はフォーメーションを理解したうえでパス回しでエスペリオンに挑むのは自殺行為だと考える

 

(桐木さん、頼もしいです!!守備でも期待していいんですか)

 

試合再開
青森の5人を中心にゲームが進む
桐木が北野を止めに入るが、抜かれてしまう
桐木は一瞬北野が栗林に重なって見える

 

(北野は栗林レベルですか・・・・桐木さん期待したんすよーー)

 

 

 

エスペリオン守備陣は翻弄され再び青森星蘭がシュート
志村が寸前で反応し秋山が跳ね返す

こぼれ球を阿久津がクリア

 

(ヒヤヒヤしますねーーー志村さんさすがです。仕事してる!)

 

エスペリオンベンチでは弁禅コーチが北野の周りの4人が北野の意思を理解して動けていると驚く
福田監督は4人だけじゃない、10人全員が北野の意図を理解して動いていると分析

その証拠に北野は周りの4人以外とも意思疎通をし、エスペリオンの守備位置をかき乱していると

 

 

 

北野が完全にヒール顔なの、ちょっと不憫ですね(笑)
このままだとまもなく同点のゴールが決まっちゃいそうな予感

葦人が急激に存在感消してるので、葦人のモノローグが出てきたら逆襲の兆し、突破口がありそうですね。次回に期待です。

 

アオアシ 268話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。