アオアシ 272話 ネタバレ 感想 アディショナルタイム7分の興奮

漫画「アオアシ」最新272話「心中する」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、後半40分、覚醒した葦人はフィールドの中に入り陣形を乱した。阿久津は葦人がようやく攻守コンプリートを掴んだのだと理解した。葦人は北野に勝負を挑む。

 



スポンサーリンク


 

272話の続き、アオアシ最新273話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 271話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 270話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 271話の振り返り

 

アオアシ 271話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン後半戦。葦人は目の前のサイドラインではなく同じく光るフィールドの中へ行きたいと考える、そして福田監督は葦人の意図を汲み取り中へ入れと指示

葦人が予期せぬタイミングで中に入ってきたことで気持ち悪さを感じる青森星蘭。北野の視界が歪みはじめた。大友や桐木はなぜか葦人に動かされた感じがした。阿久津はようやく葦人が攻守コンプリートを掴んだのだと理解し、何がしたいのか指示しろと伝えた

 

アオアシ 最新 272話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭

アディショナルタイムは7分
葦人が中に入り、戦況に変化が

青森星蘭のパスが通りにくくなる
葦人がポジションを変えながら朝利、高杉に指示
高杉がパスカット

 



スポンサーリンク


 

葦人は阿久津の奪いに来る敵の矢印を見るというアドバイスが本当に理解できていた
相手の間合いに入られてから、矢印を見てしまっていては駄目で
敵の視界に入らない場所に上手く移動し続けて矢印を見ればよいのだと

これで守備は完了した

 

(守備は完了した。って言ってみてー(笑)葦人、残り7分を感じさせない落ち着きと、頼もしさ。急にエース感ある)

 

再び中に入る葦人
パスを受けて走り込む冨樫へとパス

 

(ちょいちょい見える悔しそうな成宮監督の表情がたまりませんね)

 

望コーチは葦人が中寄りに入ってきて対極の右サイドの選手まで使えるようになったことに気づく

 

 

葦人のパスは惜しくも北野に阻まれる
北野のカウンターパスが前方のジェイに通る

 

(無双感あんまり続きませんでした(笑)パスカットされてもうた)

 

朝利、大友も慌てて後ろへ戻ろうとするが葦人が止める
阿久津と志村にDFは任せ、自分たちは5の目、N-BOXだと考えていたのだった
役割を限定しないとこの時間から点はとれないと

 

大友は阿久津が敗けたらどうするんだと目で訴える
葦人はそれなら阿久津と心中だと腹をくくっていた

スピードに乗っていたジェイは勝利を確信
阿久津はゴールを見つめながらゴミにまみれたユース入り前の生活が浮かぶ
ジェイに体当たりしボールを奪う
ジェイは2度も弾き飛ばされたことが信じられなかった

 

(阿久津さんかっけえええ。ゴミ溜めから這い上がり、今や日本代表。なんてサクセスストーリーですか。阿久津主役の番外編はよ!・・・・人気なさそう(笑))

 

葦人は少し前に阿久津と目があったときに、N-BOXは自分が、2トップは阿久津と役割を分けると意図がすべて伝わっていたことを確信
2人で勝たせるのだと意気込む

 

 

 

ラストは成宮監督のぐぬぬ顔、いい感じです!!
逆点してほしいですが、敗けちゃうけど得るものは大きかったって展開もありそうですよね

にしても阿久津の好感度気づけばバク上がりですねー

 

アオアシ 273話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。