偽りのフレイヤ 最新 9話 ネタバレ 感想 砦のピンチに現れたのは

漫画「偽りのフレイヤ」の最新第9話「光の王子②」のネタバレ感想です。レレン砦に攻め込まれたフレイヤたち。援軍が来るまで残り2日だったが水路から敵兵が入り込みパニックに。水路に入り込んだフレイヤ、裏切り者はヒューゴだった。偽りのフレイヤはLaLa DXで連載中。

 

 

9話の続き、偽りのフレイヤ最新10話のネタバレ感想はこちら

前話、偽りのフレイヤ8話のネタバレ感想はこちら

 

前話、偽りのフレイヤ 8話の振り返り

 

偽りのフレイヤ 8話 ネタバレ

レレン砦の攻防戦。傷の手当をするユリウスの元に丸顔とヒューゴが料理をもってやってくる。ヒューゴに毒味させてからユリウスはフレイヤに食事を運ぶ

砦の外で攻略に手間取っていたマクシームだったが内通者から手紙が届き、城に入る三段がついたと微笑む

レレン砦の兵士たちは食堂で水を飲み談笑。そこへユリウスとフレイヤがやってくる。フレイヤはサニーネ村のみんなが無事だと聞き安堵

フレイヤはみんなの名前を覚えたいと、名前を尋ねた。翌朝ユリウスは援軍が間もなく到着するとの手紙を受け取る。

しかし、水路からシグルズ軍が忍び込み、一気に戦闘に。マクシームと戦うユリウス。フレイヤは兵士を連れ水路へ。水路では丸顔ことパウロが兵を入れてしまったと謝罪

パウロは途中で心変わりするも敵兵から攻撃を受け瀕死状態。ヒューゴが他の兵もろともトドメを刺す。ヒューゴはマクシームの部下だった

ユリウスはマクシームの言葉に一瞬動きが止まりその隙に腹部を損傷する。意識を失ったユリウスにキリィが部下や投石機をやられた仕返しと近寄る。ユリウスはキリィの首を絞め馬乗りになり手を突き刺す。

 

偽りのフレイヤ 最新 9話 ネタバレ 感想

 

連載再開!
コミックス、最新3巻は8/5発売!!
そしてーーついにララデラ電子書籍が紙面と同日発売開始!!

 

 

 

レレン砦、陥落か
ヒューゴが裏切り者だと理解したフレイヤ
なぜ投石機の破壊作戦を止めなかったのか問うと
ヒューゴはその方が戦が面白くなると笑みを浮かべる

ヒューゴは一生懸命な人を見るのが好き
昔から自分ではそういうのを感じられなかったから
戦場で必至な姿を見るとおすそ分けしてもらえた気がするのだと言う

フレイヤを連れ去ろうとするヒューゴ
抵抗するフレイヤだったが腕を斧で攻撃され負傷

ヒューゴは皆王子の為に死んだのに
フレイヤは頼りないと指摘
「笑えるくらい無意味な死だ」

 

ヒューゴはサイコパスってことなんだね!
かわいいヒューゴはもう消えてしまった・・・

 

 

 

自分の弱さを指摘され、辛くて頭を抱える
「やめてやめてやめてやめて!」

次の瞬間、フレイヤはアレクとアーロンに抱きしめられている錯覚を覚える
ふたりからかけてもらった言葉を思い出す

「お前は俺達の光だ」

 

泣いちゃう!!
アレクシスとアーロン
ふたりとももういないけど、形見のおかげで側に感じられるんですね!

 

フレイヤは再度ヒューゴに反撃
ヒューゴは下階へ落ちる
フレイヤは水門を開け大量の水でヒューゴやシグルズ兵たちを流す

 

これは・・・ヒューゴ絶対生きてるパターンでしょ!
こえええ

 

 

 

フレイヤは闘う兵士たちを鼓舞しようと旗がかかる塔の上へ
テュール兵たちに敵の侵入を防いだことを告げ、生き延びるよう指示する

それぞれの名を呼び細かい指示を出すフレイヤ
その姿を見たユリウスはもはやただ応じに似ただけの娘とは思えないと感じていた

 

ユリウスの一瞬の隙をついたマクシームは外門を開ける
シグルズ兵が中に入り内門を続いて壊そうとする

なんとか耐えようとするテュール兵だったが門が崩壊
シグルズ兵が雪崩込むが
側面から矢の雨が降り注ぐ

退くシグルズ兵
矢を放ったのは鹿の骸骨の面をかぶった集団
その集団の中にフレイヤはアレクの姿を見つけ言葉を失った

 

 

 

アレク復活キターーーー
でも。。。お目々が・・・あの美しいおめめが・・・
あああああ。
これは片目失明しちゃったパターンでしょうか
ツラすぎる。
生きているとは信じていましたが。。。やっぱ負傷してるかーーー

仮面をかぶった集団はシグルズの支配に抵抗してるっていう部族ですよね
こちらはかなりの戦闘力が期待できそうです

ミカルたちが呼びに行った王都からの援軍を待つまでもなく、決着つくのでしょうか

 

偽りのフレイヤ 10巻へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。