偽りのフレイヤ 最新 15話 ネタバレ 感想 エッダとゾフィ妃 LaLaDX9月号

漫画「偽りのフレイヤ」の最新第15話「シエラベルクの闇」のネタバレ感想です。かつての兄弟国であるナハトへやってきフレイヤ一行。ゾフィ妃に招かれて参加した晩餐会、そこでナハトを苦しめているのが従者であるエッダの呪いだと知る・・・偽りのフレイヤはLaLa DXで連載中。

 



スポンサーリンク


 

前話、偽りのフレイヤ14話のネタバレ感想はこちら

 

前話、偽りのフレイヤ 14話の振り返り

 

偽りのフレイヤ 14話 ネタバレ

フレイヤたちはかつての四つの兄弟国の一つだったナハトへ。ナハトは兄弟国の中でシグルスに最後に整復された地であり、先王が処刑後、大臣の息子であるコンラートが王位を継ぎ
シグルスから貴族の娘を妃に娶ったのである。

身分を偽りゾフィ妃の宴に乗り込んだ一行。ユリウスはバカバカしいと思いながらもゾフィ妃に気に入られようという態度を見せる。しかし、ゾフィ妃は予想外にナハトを救ってほしい、そなたのようなものを待っていたと告白。コンラート王とナハトはエッダの呪いに蝕まれているのだという

アレクシスは森の民、ゲルタに再会。そしてしばらく別行動するとフレイヤに告げ城を後にした

 

偽りのフレイヤ 最新 15話 ネタバレ 感想

 

エッダを止めろ

城の中のとある部屋でユリウスはゾフィ妃からエッダの凶行から王とナハトを救ってほしいと言われたことを皆に説明

話を聞いたミカルは何かがおかしい、シグルズ帝国の姫だから何か企んでいるに違いない・・と口にする
そこへゾフィ妃本人が登場
ミカルの言葉に、シグルズをそのような蛮国だと思われるのは自分が至らないせいだと反応

 



スポンサーリンク


 

驚く一同、ゾフィ妃はフレイヤの手を取り昨晩の涙したことを謝罪
フレイヤは感情を押し殺し、恐れ多いですと丁寧に振る舞う

ユリウスはエッダについて教えてほしいと尋ねる
ゾフィ妃はそれはとても勇気のいることだと涙、ふたりだけの約束がほしいとユリウスに迫る
ミカルたちはそういうことか・・・と理解し二人が部屋を出るのを見送る
しかし、モヤッとしたフレイヤは自分も一緒に慰めると手を挙げた

 

ゾフィ妃がエロエロなんですけどー(笑)
エッダを倒してーからどうしてお慰めにつながるんだろうか

 

ゾフィ妃の趣味でフレイヤは女装させられドレス姿に
3人はベッドの上でいちゃつき始めることに・・・
すぐにゾフィ妃が呼ばれ部屋を出る

ユリウスはフレイヤの頭をはたき、己の愚かさを理解したかと叱る
フレイヤはごめんなさいと反応しつつ、王子を想うユリウスがシグルズの姫に何も感じないわけがない
気持ちを殺しすぎるなと心配してみせた

着替えてくるとベッドから抜け出そうとしたフレイヤをユリウスが止め、今は自分が主だからしばらくその姿でいろと命じた

 

 



スポンサーリンク


 

ドSユリウス様きたああ!!
にしても女装させるとかなかなかな趣味持ってますよねゾフィ

 

とある部屋の窓辺にはナハトの王が
ユリウスたちの様子を見つめていた
あの女に気取られる前に動かなければとつぶやく

 

ミカルとイングウェイはふたりでうろうろしていると宴で出逢ったビッケが探したぞと声をかけた
とにかく一緒に来てくれ大変だと二人の手を引く
そこへエッダが斧を持って現れる
身元を偽って城に入った罪人だと迫る

同じ頃、賊が侵入しゾフィ妃は人質に取られる
ユリウスとフレイヤは武器を捨て牢屋へと閉じ込められてしまう

 

最後に怒涛の急展開でした。
ゾフィを人質にとった賊は何者なのでしょうか、ゾフィ妃の仕込みなのか
それともエッダの仲間でしょうか
まだ全容がわかりませんが、ピンチです!!

 



スポンサーリンク


 

 

偽りのフレイヤ 16話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。