偽りのフレイヤ 18話 ネタバレ 感想 明かされるエッダの正体

漫画「偽りのフレイヤ」の最新第18話「It’s always darkest before the dawn」のネタバレ感想です。牢屋から脱出したフレイヤ。コンラートの息子を助けるため、エッダと共に砦へと向かう・・・エッダがただの処刑人ではなくナハトを救おうとしているとしった次の瞬間、ゾフィ妃が姿を現した。偽りのフレイヤはLaLa DXで連載中。

 



スポンサーリンク


 

18話の続き、偽りのフレイヤ最新19話のネタバレ感想はこちら

前話、偽りのフレイヤ17話のネタバレ感想はこちら

 

前話、偽りのフレイヤ 17話の振り返り

 

偽りのフレイヤ 17話 ネタバレ

囚われていたフレイヤが脱出した先に、エッダが。エッダはゾフィ妃の護衛からフレイヤを隠す。エッダはフレイヤに国から出ていくように伝える

アレクシスはゲルタからユリウスが捕まったと知り急ぎフレイヤ達のもとへ向かう。皇太子を救うためエッダと共にリーラフォルトへ進入するフレイヤ

エッダがただの処刑人ではなくナハトのことを思い戦っているのだと知ったフレイヤ、そこへゾフィ妃が皇太子を連れて現れた

 

偽りのフレイヤ 最新 18話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラーでした!見開き扉絵はユリウスとアレクシス、そしてもちろんフレイヤ!
フレイヤ両手に花状態でうらやまー(笑)

 

 



スポンサーリンク


 

エッダの正体

エッダは昔、ナハトの先王レオポルドの17人の子供の1人だった
内気な性格だったが、17歳になる頃には兄を凌ぐほどの剣の腕前を見せていた

ある日、父の政敵である宰相の息子、コンラートと運命的な出逢いを果たしそのまま結婚
ゲオルグを授かったのだった

 

いきなり衝撃的な展開!!
エッダが王様の娘だったーーー!!??ええええ

それ流石に街の人きづかなかったんかーいってなるけど、17人もいたら、まぁそうか・・わかんないかっとも思いますね(笑)

 

ナハトはシグルズ軍に侵略される
なんとかゲオルグを匿うことができたが、王や兄達を殺されてしまうエッダ
ゾフィ妃はエッダを侍女にし、ナハトの人たちを処刑させ続けたのだった

 

残酷すぎる・・・これは辛い

 

フレイヤたちがテュールからやってくると知り、希望をいだいたのもつかの間
ゲオルグが見つかってしまったのだった

ゾフィは拷問し、傷ついたユリウスも連れてきていた
フレイヤはエッダと共に闘おうと伝え、場は一気に戦場へ

 

 

 

多勢に無勢ってやつじゃないですか、二人で勝てないでしょ・・・

 

ユリウスの元へと駆け寄り縄を切り落としたフレイヤ
目を覚ましたユリウス、傷ついたように見せていたのは演技で兵士たちを蹴散らす

ゾフィの後を追うエッダとフレイヤ
フレイヤはエッダに正体を兵士たちに明かし助けを乞うと提案、戸惑うエッダ
そこへゾフィの兵である、ズィルバが襲いかかる

苦戦するふたり、そこへアレクシスが現れてフレイヤの危機を救った

 

かっこよかあああああ
エッダがアレクシスの剣さばきに重ねて見た鹿の姿は何なのでしょうか、獣の民の力ということでしょうか

 

エッダは傷ついたフレイヤをアレクシスに任せ、ゾフィの後を追う

 

アレクシスとフレイヤの束の間のいちゃいちゃ、癒やされましたー
アレクシスとって久しぶり?な気がします

 

ゾフィはゲオルグを皇帝に献上するのではなく自分とコンラートの子としてシグルズ貴族に育てるのが良いのでは?という
どうしてこの国を痛めつけるのかと問うエッダ
ゾフィはお前が何もしないからだと反論

エッダは勇気を振り絞り、兵士たちに身分を証す
信じようとしない兵士たち
そこへミカルとイングウェイを連れたコンラートが現れた

 

 



スポンサーリンク


 

ミカルとイングウェイのことすっかり忘れてましたよ(笑)
コンラート王を探していたのですね。

役者勢揃いでナハト編クライマックスですね!あ、そろそろ皇帝も出てくるのでしょうか
その前にゾフィをなんとかしたい!

 

偽りのフレイヤ 19話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。