あさひなぐ 最新 330話 ネタバレ 感想 インハイ個人戦 戸井田 対 一堂

漫画「あさひなぐ」最新330話「熊本の二人」のネタバレ感想です。インターハイ、個人戦の決勝ラウンド。吉里の闘いに勝利した真春。戸井田は出雲英豊の銀城と対戦。一堂は東海学園の小川との勝負に挑む。真春が戸井田と勝負するにはあと2勝が必要だった。

 

 

330話の続き、あさひなぐ最新331話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 329話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 329話振り返り

あさひなぐ 329話 ネタバレ

インターハイ個人戦決勝リーグ、真春と吉里の対戦。吉里の真春の左脛への最後の牙突はカウントされず。1本勝ちで真春が勝利

勝利した真春は怪我のことを忘れていたのを反省しほっと胸をなでおろす。敗れた吉里は荷物置き場となっていた別の会場で一人悔し泣き

戸井田は続いて出雲英豊の銀城と対戦。一堂は東海学園の小川との試合に臨む

 

あさひなぐ 最新 330話 ネタバレ 感想

 

戸井田 対 一堂
一堂のベスト4進出を寒河江と三須が喜ぶ
ふたりはパソコンでネット中継を見て応援していた

一堂の準決勝の相手は戸井田だった

 

 

 

攻める一堂
戸井田と薙刀を交じ合わせながら
戸井田にあこがれていた幼い頃を思い出していた
引っ越しを告げたあの日、戸井田から「さみしくなる」と言われたかった
好きな人に大切だと思われたかったのだと

 

一堂も吉里と一緒ですね・・・・みんな戸井田大好き

 

戸井田の面をかわし、反撃に出る一堂
踏み込んだところで戸井田にスネを獲られてしまう

一堂は自分が戸井田に勝ちたいと思ったことが一度も無かったことに気づく
そして試合はそのまま終了した

 

ありゃ、サクッと終わってしまった(笑)
でも寒河江がいうようにいい試合でした。

 

敗れた一堂が防具を外していると的林がやってくる
一堂は試合を振り返り、戸井田は強かった、決勝に行きたかったと頭を下げた

一堂は自分の心の中に戸井田がいなくなっていたことに気づいた

 

 

 

戸井田からの卒業ってことでしょうか
涙した吉里とはまたちょっと違う形での戸井田卒業でしたね。
脱戸井田した一堂は今まで以上に国陵の選手として活躍してくれそうです。

 

別のコートでは愛山の辻野と出雲英豊の佐来の試合がはじまった

 

次回は佐来の実力に注目が集まるエピソードになりそうです
やっぱり辻野は負けちゃうんだろうな・・・・

 

あさひなぐ 331話へ続く
 

“あさひなぐ 最新 330話 ネタバレ 感想 インハイ個人戦 戸井田 対 一堂” への4件のコメント

  1. ametoricoさん

    一堂vs戸井田
    あっさり決着つきましたね。
    一堂の中では以前と違って大きな思いを
    抱かずとも戸井田と対峙できるように
    なったのでようやく国陵の一堂になれましたね。
    台詞は少なかったですが心に染みるエピソードでした。

    1. keroberosさん
      コメントありがとうございます!
      一堂の戸井田卒業エピソード、短かったけど、おっしゃるとおり心にしみるエピソードでした。
      個人戦は全部サクッと終わるんですけど、なんだかすごく切ない気持ちになるエピが多いですね。

  2. 一堂対戸井田戦は、少しあっさりでしたが、後心地というかすっきりした形で終わりましたね。
    トーナメント表だと、戸井田の決勝進出ですね。一堂は来年は、戸井田も真春も卒業だから個人の
    優勝候補ですね。今の一堂なら応援したい(笑)
    あれっと思ったのは、辻野対佐来(サライって読むのを初めて知った笑)は準々決勝だった気が・・
    時系列で遡るのか片方のブロックは準決勝までやって、もう一つは準々決勝、準決勝とやるのかな?
    としたら、真春は決勝残っても不利じゃん!。休息取った戸井田相手じゃ・・・
    辻野対佐来は、辻野が一矢報いるのに期待。一方で、13巻以降、出雲がでる局面では必ず描かれて
    いた佐来のエピソードも書かれるか楽しみ。佐来は、天然ボケっぽいしそこは真春に通じるかも・・

    1. てつさん

      コメントありがとうございます!私も佐来ってさらいなのかと驚きました「さく」だとばっかり
      佐来のエピソード、というか出雲英豊の話はもっと掘り下げてほしいですよね!まだ謎が多い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。