あさひなぐ 最新 332話 ネタバレ 感想 インハイ個人戦 真春 VS 佐来

漫画「あさひなぐ」最新332話「陰の手触り」のネタバレ感想です。インターハイ、個人戦、戸井田は一足先に決勝進出を決める。真春は出雲英豊の佐来と勝負。しかし試合を見ていたやす子は真春の敗けを予感する。

 

 

あさひなぐ 前話 331話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 331話振り返り

あさひなぐ 331話 ネタバレ

インターハイ個人戦決勝リーグ、一足先に戸井田が決勝進出を決める。愛山の辻野は出雲英豊の佐来を積極的に攻めるも敗れる。

真春の相手は大分北西の鈴木、わずか数秒で勝利するも、試合後やす子は真春に焦るなと助言。

佐来と真春の試合が始まる。真春は前戦と変わらず勝ちを急ぐ、やす子は真春の敗けを予感する。

 

あさひなぐ 最新 332話 ネタバレ 感想

 

真春 対 佐来
仕掛けてこない佐来に真春は攻撃を続ける
連打からスネで一本先取

やす子はどうかこのまま試合が終わって欲しいと願う

 

 

 

二本目も攻め続ける真春
観客席にいた旭はやす子が何と真春に声をかけているのか気になった
真春が踏み込んだ瞬間、やす子の「焦るな!!」が旭の耳に入る
逃げる佐来を追いかけようと足を踏ん張る真春
左膝に一瞬痛みを感じる
その隙に右脛にスネを食らう

 

1本真春が先取して安堵する間もなくスネを取り返されてしまいました
やす子の悪い予感は的中してしまいそうです

そして左膝!やっぱりこの試合で影響が出てしまったか・・・
一気に形勢逆転されてしまいました

 

ざわつく観客席
試合時間は残り1分
判定でも勝てるだろうと焦って唯が薙に訊く
薙は冷静に佐来の方がどっしり構えて打つべきところを逃しておらず
玄人好みだと分析

 

薙、めっちゃ冷静(笑)

 

真春は判定は待てないと攻め続けることを決意する

 

 

 

さあ残り1分、ドキドキしてきたーーーー
次で決着つきそうですね

 

あさひなぐ 333話へ続く

 

“あさひなぐ 最新 332話 ネタバレ 感想 インハイ個人戦 真春 VS 佐来” への2件のコメント

  1. 真春対佐来戦、期待に違わぬ戦いになりましたね。2本目はとられましたが右膝なのでひと安心。
    ていうか、出雲の天羽監督が左ひざを狙わせるかと思ったんですが、熊本東には真春の脚のケガが
    ばれていても出雲にはばれていなかったんでしょうか?
    個人・団体とも熊本東ではあまりにもツマラナイので、ここは何とか真春に勝ってほしい。佐来では
    戸井田には勝てないように思うので。周囲の反応も面白いですね。出雲の菊野(主将か?)は真春が
    個人戦に出ていたのを覚えていたんですね。薙の冷静な反応も面白い(笑)
    というか今になった思ったんですが、出雲は団体で春の選抜に優勝しているのに、解説者含めてあまり
    にもノーマーク過ぎないですかね?個人を見ても弦平より強そうなのに・・・
    とにかく真春には、あと1分、ケガを悪化させないで!

    1. てつさん

      コメントありがとうございます。熊本東と違って出雲英豊は怪我を狙うような真似はせずとも勝てるという自信の現れなのでしょうか
      それとも、怪我につけ入るのは武道の精神に反するとかそういうことですかね
      たしかにノーマークですよねーもっと注目されてもいいだろうし、部員も少なすぎますね(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。