あさひなぐ 最新 345話 ネタバレ 感想 えり 対 菊野 決着

漫画「あさひなぐ」最新345話「出雲英豊薙刀部」のネタバレ感想です。インターハイ、団体戦決勝リーグ。二ツ坂対出雲英豊。副将戦はえりと菊野。出雲英豊は3人ながらも山吹の指導の元、団体戦を勝利し続けてきたのだった。

 

 

345話の続き、あさひなぐ最新346話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 344話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 344話振り返り

あさひなぐ 344話 ネタバレ

出雲英豊の3人は新入部員募集のチラシを配っていた。新入部員として1年の初心者が2人入部。団体戦に出られると喜ぶ菊野たち

そこへ新任の顧問、監督として山吹がやってくる。山吹の厳しい指導で1年は辞めてしまう、戸惑う3人。敗戦した試合後にかけられた山吹の言葉に菊野は涙し3人で闘うことを誓う

 

あさひなぐ 最新 345話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラー見開きは
ヤンキースタイルな薙、えり、旭でした
薙(笑)わかんなかった、言われなきゃ
そしてえりの違和感のなさ・・・(笑)
実はヤンキーなのかな

 

 

 

えり 対 菊野
試合を見ていた郁林は妙な試合だとつぶやく

スコア上では押しているハズの二ツ坂
しかし自力ではまだ1本しか獲っていないからだった

 

試合再開
激しく攻める菊野
えりはなんとかかわし続ける

攻める菊野の姿に佐来は嬉しそうに微笑む

防戦一方のえりは仕切り直さなきゃと菊野に薙刀を押し当て呼吸を整えようとする
間近で見た菊野の意外な表情に驚くえり
負けているハズの菊野は興奮して頬を赤らめていた

 

 

 

菊野・・・怖い
これは、えり負けフラグ立ちましたね
郁林の冒頭のセリフも考慮すると・・・やっぱ勝てないんですねーー><

 

間合いを取り直すふたり
菊野のコテを避けて、スネを返すえり
スネをジャンプしてかわした菊野はそのまま前に転がり受け身を取る

菊野は自分たちが選んだ道がどんな道だったか
まわりにはわかるまいと考えていた

菊野は面で一本を取り返す

試合再開
出雲英豊の3人は二ツ坂には闘いの本当の楽しみが分からないだろうと微笑む。

菊野はコテを獲り、試合を決めた

 

 

 

自分が負けたら終わりな緊張感のある状況が「楽しみ」に変わったのですね
いつからそうなったんでしょうか。チームじゃなく個の集まりのようにも思える出雲英豊
最強の相手に旭はどう立ち向かうのでしょうか・・・

ここでまさかの敗退ですかーー!?

 

あさひなぐ 346話へ続く
 

“あさひなぐ 最新 345話 ネタバレ 感想 えり 対 菊野 決着” への2件のコメント

  1. いよいよ出雲英豊の本領発揮ですか。えりには期待したんですけど
    今までほとんど描かれなかった菊野主将の執念に残念ながら霞んで
    しまいました。それでも、菊野を見て、銀城や佐来まで同じような精神状態になるのは、山吹先生の執念ですかね。いよいよ旭対佐来戦
    ですね。でも大物食いの旭なので、最低引き分けにはもっていくのではと期待します。佐来の内面は描くのかな?彼女はマイペースで天然ボケである意味、チーム内での位置づけは真春に似ているような気もしますが

    1. てつさん

      コメントありがとうございます
      えりやっぱり負けちゃいましたねー・・・
      次は旭と佐来。真春が敗れた相手なのでリベンジも兼ねた大一番、絶対勝ってほしいです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。