あさひなぐ 最新 348話 ネタバレ 感想 皆のヒーロー佐来光里

漫画「あさひなぐ」最新348話「美しい心」のネタバレ感想です。インターハイ、団体戦決勝リーグ。二ツ坂対出雲英豊。大将戦は旭 対 佐来、同点だが一本リードしている二ツ坂。会場は数で劣る出雲英豊を応援する雰囲気へ。

 

 

348話の続き、あさひなぐ最新349話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 347話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 347話振り返り

あさひなぐ 347話 ネタバレ

旭と佐来による大将戦。観客席は数で劣る出雲英豊を応援する空気に

旭は佐来が面をかわしスネを放つ隙のない動きをするのを理解し、2,3手先を読み対応しようとする

計画通りコトが進むかに思えたが、佐来は旭からスネを奪う

 

あさひなぐ 最新 348話 ネタバレ 感想

 

扉絵は佐来の後ろ姿
凄い背筋
言われなきゃ男キャラだと思いますよね・・・
かっこいいです

 

 

 

佐来 VS 旭
佐来の一本で同点に追いついた出雲英豊
湧く観客席の声援に菊野は佐来は華があるから当然だと反応

 

高校入学当初
3人で薙刀をやるためと、佐来は他校からの推薦を断って
出雲英豊へ進学したのだった
銀城はもっと良い環境で薙刀をやれば、佐来が戸井田ともいい勝負出来ただろうにと話す
佐来は強いのに、肝心なところでいつもフザけるからとため息をつくふたり

 

佐来と戸井田の決勝戦サクッと終わってしまいましたが
実際どうだったのでしょうか。戸井田の佐来への評価が気になりますね

 

山吹がやってきて佐来の実力が他のふたりよりも頭2つ抜けていると気づく
山吹はふたりのためにと、佐来により厳しい練習を要求する

 

 

 

試合
怒濤の攻めを続ける佐来
旭は防戦一方

声援を聞きながら、山吹は世界中があなた達の味方だとつぶやく

 

旭の出番の少なさ・・・今回は完全に佐来エピですね

 

足の裏が擦り切れ、血が出てもなお佐来は山吹のツラい練習に耐える
佐来は心配する二人をよそに
二人のためと思ったら、どんだけでも頑張れると微笑んだ

 

泣かせる、佐来。マジ主人公感半端ないです

 

菊野は皆が応援するのは当たり前
なぜなら佐来はヒーローだからと胸を張る

 

佐来がコテを繰り出す・・・
果たして結果は・・・

 

 

 

ああ。もう試合があっという間に決まってしまいそうです
次回は旭の回想シーン入ってからの、旭の逆襲来るのでしょうか

そうこうしてるとあっという間に試合が終わってしまいそうです
ハラハラしますねー

 

あさひなぐ 349話へ続く
 

“あさひなぐ 最新 348話 ネタバレ 感想 皆のヒーロー佐来光里” への7件のコメント

  1. 佐来はかなり前から強さと性格がチラついていながら今一つ中身が掴めなかったのだけれど今話、山吹の指導方針と共に見えてきた事で、自分はようやくいつもの観戦の様になりそうです。
    山吹も昔ヒーローを求めてたのかな…汚れくの一だけど。
    ただヒー兄ィはどっしり鋭く迎撃スタイルだったのに、あまり乗ってるとあの欲張りM鬼は危ないかもよ。

    1. 名も無きさん

      コメントありがとうございます。佐来の強さの理由がわかって少しスッキリしましたね。相変わらずピンチには変わりなく。このまま行くと早くも次回で決着でしょうか

  2. 佐来と菊野と銀城は中学からの薙刀仲間だったんですね。
    扉絵の佐来は、凄い背筋でとても女子とは思えない・・・、悪い意味
    ではないんですけどね。おバカ、天然ボケ、友達思い、凄い身体
    能力と、真春との共通点は前から思ってましたけど、とても多い
    です。ある意味では出雲英豊の「真春」ですね。
    でも、本来どっしり構えるタイプの佐来が、最初の旭の面で、やる
    気を刺激されて攻撃一辺倒なのは、旭にとっては大チャンスですよ!

    1. てつさん

      コメントありがとうございます!
      佐来が出雲英豊の「真春」というのは的確な表現ですね!精神的支柱かつ実力も最強ということで、まさにエースですね。
      旭がどうやって反撃に転じるのかに注目ですね。寿慶が見守る中だからこそ、合宿の成果を発揮して欲しいです。

  3. 改めて見るに、佐来と旭個人はたぶん共に性質まっすぐ陽性であり、二人が同チームに居ても普通にやれてそうなほど方向近げ。よって違いに関しては技量・経験など佐来有利しかなさげ。
    団体で見ると、出雲は安定した既婚指導者がしっかり目を届かせ、信頼し真面目に頑張れる精鋭が残っている。最少布陣であるネックはあったけれど、三本矢の中で最弱と思われる所もクリアして最強(モチべ欠け個人で準優勝…)に流れ繋げたので、現時点チームは揺るぎなくなった。…対してもう片方ときたら、やる気無ぇだの有るから部内闘争やらせろだの不安定かつだっせぇ醜態、罵詈雑言ぶつけ合い、中には(あれコイツ辞めねーな?わかんね)(社会的に○す)までの関係まで含みながらも、なんとか成長しまとまってきているが、現在司令塔がヤバい口外したまま悪い意味で揺るぎなくなってる(おいアンタの因縁試合)…
    現状出雲、堅さで言えばお前ら部内で何やってんだよ熊本東より堅い。これは…次やれんのか やられてんのか旭・二ツ坂

    1. おもしろいコメントありがとうございます!
      349話ではようやく旭が反撃に転じましたので、なんとか勝てそうな雰囲気になってきましたね。

  4. 出雲は最少数だから「頑張ればヒ―ロがやってくれる」とはなっても「頑張らなくてもヒーロがやってくれるだろう」とはならない。。
    銀「私が勝てば菊に勇気と勢いを付けられる」→菊「私が勝てばうちのヒーローがやってくれる」→佐「銀菊のために勝つ」でガッチリ無駄が無いと思われる。力を尽くす甲斐がある。皆が充実してギリギリまで頑張れる。これは堅い。とてもキツイけど。
    にしても ただでさえ異色三銃士は王者破って優勝手柄もあった訳だし、試合前から周りはもうちょい注目期待のガス充満してくれても良かった様な。GO佐来!爆発なるまで無臭すぎる。あるいは佐来炎のトリ役者ぶりがスゴイんだろうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。