あさひなぐ 最新 350話 ネタバレ 感想 出雲英豊戦 旭の脇構え

漫画「あさひなぐ」最新350話「赤の人」のネタバレ感想です。インターハイ、団体戦決勝リーグ。二ツ坂対出雲英豊。大将戦の旭 対 佐来、残り時間わずか1分を切り、あとがなくなった旭は摂の得意技、脇構えで勝利を目論む

 

 

350話の続き、あさひなぐ最新351話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 349話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 349話振り返り

あさひなぐ 349話 ネタバレ

旭と佐来の大将戦。佐来の気迫のコテ、しかし旭は場外に出てしまったためノーカウント

試合の残り時間は1分を切っても旭はまだ冷静にこのまま終わっても反則分、二ツ坂が敗れると覚悟を決める

旭は上段構えから面、佐来は胴で反撃、佐来のスネ、旭はかわしてから脇構えで対抗する

 

あさひなぐ 最新 350話 ネタバレ 感想

 

旭の脇構え
旭の脇構えに会場がざわつく

拓馬はあの構えはなんだと寿慶に尋ねる
寿慶は試合で使うのは珍しく、切っ先が相手まで遠いデメリットがあるが
相手に闘志を隠せるメリットがあると説明

 

 

 

あの寿慶ですら、この状況ではやりたくないと言う脇構え
旭度胸ありますねー

 

もう見てられない、時間もないのにと薙が焦る
将子は時間がないから相手も無茶して来ないだろう
こちらの手の内が読まれにくい脇構えはありだと応じる

 

旭が攻撃に転じようとしたところで、佐来はスネを繰り出す

えりは緊迫した状況に気を失いかける

旭はなんとかかわすも、逃げたら意味がない、そういう場所じゃないと言い聞かせる

残り時間10秒
菊野は動くことないと佐来に無言のメッセージ

 

 

 

あと10秒とか・・・脇構えも相まってドキドキが止まりません!!

 

両者対峙したまま5秒が経過
旭が仕掛ける

佐来は面で応じる

やす子と山吹は共に叫ぶ

旭の脳裏には真春にいつか、女は度胸だと言われたことが蘇る

 

ラストの見開き4ページ、やばかったーー
やす子 対 山吹だったわけね。やっぱり

面はかわしたってことでいいんですよね?
これはカウンターで胴で決まりでしょうか?
いずれにせよ次回351話で決着ですね!!

 

あさひなぐ 351話へ続く
 

 

 

“あさひなぐ 最新 350話 ネタバレ 感想 出雲英豊戦 旭の脇構え” への2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。