あさひなぐ 最新 351話 ネタバレ 感想 出雲英豊戦 旭 対 佐来 決着

漫画「あさひなぐ」最新351話「真剣の勝負」のネタバレ感想です。インターハイ、団体戦決勝リーグ。二ツ坂対出雲英豊。大将戦の旭 対 佐来、摂の脇構えで相手に動きを読まれまいとする旭。残り時間はわずか5秒・・・

 

 

あさひなぐ 前話 350話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 350話振り返り

あさひなぐ 350話 ネタバレ

旭と佐来の大将戦。脇構えで相手に動きを読ませまいと考えた旭

寿慶は自分だったらやりたくないと語る。旭が攻撃に転じようとしたところで佐来はスネを繰り出す

旭はなんとかかわすも、逃げては意味がないと立ち向かう

残り時間10秒、両者対峙して5秒経過、旭が仕掛け佐来が面で応じる。

 

あさひなぐ 最新 351話 ネタバレ 感想

 

旭 対 佐来 決着
佐来の面をかわし、旭が放ったのは

スネ

一本の判定となり大将戦は引き分けに

 

 

結果、総本数で二ツ坂が上回り勝利となる

 

摂ちゃんの嬉しそうな顔!
脇構えで勝ったもんね!

 

勝利した二ツ坂だったが
周りの評価は、出雲への同情が多くを占めていた

 

やす子は誰が何と言おうと勝ちだと選手達をフォロー

 

佐来は最後守らなきゃいけなかったのに
脇構えを見て闘わなきゃと思ってしまったのだと敗因を説明

 

 

山吹はそれでいいんだ、持ってるものを全部出したくなるのは真剣な証拠だと応える

涙する3人を抱きしめ、山吹は3人でよくここまで来た
世界で一番素晴らしい選手だと讃えた

 

泣くーー
こんなの見たらますます出雲英豊応援したくなっちゃうますね
山吹もめちゃいい先生じゃないですか

やす子と山吹の絡みは次週ですかねー
山吹から話かけるのですかね

 

えりの一本がなきゃ負けだったなと文乃
真春の薙刀のおかげだとえり
真春はあれは私のじゃないと応じる

 

 

えりが真春のだと思っていた薙刀はさくらので
さくらはテープが緩んだと騒ぐ

真春は実力じゃん、よかったねと微笑む
えりはさくらの薙刀に力をもらった気がした自分を恥じる

旭は出雲英豊に勝てたことが嬉しかった
周りにわかってもらえなくても、あれはちゃんとした勝負だったからと考えていた

 

えりの薙刀のオチは秀逸でしたね笑
「紺野さんなんかの薙刀をあんな・・・」ってひどいけど

次戦はどことやるのでしょうか、気づけばもうベスト4です
因縁の熊本東とやるまで負けないでほしいですね

 

あさひなぐ 352話へ続く

 

 

 

“あさひなぐ 最新 351話 ネタバレ 感想 出雲英豊戦 旭 対 佐来 決着” への2件のコメント

  1. とうとうやりましたね。最後の最後に脇構えとは。やっぱり旭は
    追い詰められると火事場の馬鹿力的なパフォーマンスをしますな
    東京予選の国陵戦といい、弦平戦といい・・、何で前の甲府昭和戦で
    負けるかな~?また相手も菊野だったら冷静に勝負に来なかったかも
    しれません。相手が佐来だったのもよかったのかも・・・
    ところで準決勝はどこでしょうね?全くライバルの気配もないので
    このまま、あっさり決勝の熊本東戦でしょうか?熊本東戦なら真春
    対戸井田戦がみたい!(木庭と荻はなんとかできそうな気が)

    1. てつさん

      こめんとありがとうございます!もしかして・・・敗けちゃうんじゃとドキドキしながら読んでました。
      アツい準々決勝に続く準決勝はどこなんですかねー。真春が肩慣らしに華麗な勝利を見せてくれるといいんですけど!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。