あさひなぐ 最新 357話 ネタバレ 感想 決勝戦のオーダーぎめ

漫画「あさひなぐ」最新357話「とっぴ!」のネタバレ感想です。インターハイ、団体戦準決勝。沖縄光明との大将戦を制した旭、決勝戦へとコマを進めた二ツ坂。控室で島田は旭を挑発、大将戦に出てこいという。旭は怒りを力に変えて、自らも大将戦に出たいとやす子に伝えた。

 

 

357話の続き、朝日奈久最新358話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 356話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 356話振り返り

あさひなぐ 356話 ネタバレ

二ツ坂と沖縄光明の準決勝 大将戦を制した旭。二ツ坂は決勝で熊本東と戦うことに。

島田はどうして旭のことが嫌いなのだろうと考える。旭は何も欲しくなさそうなのに何でももってて、正しさを武器にしようとするところがあると結論づけた。島田は正しさは役に立たないと証明してやろうと決意

島田は旭を挑発。旭は怒りを力に島田と戦うことを決意、やす子に大将戦に出たいと申し出る

 

あさひなぐ 最新 357話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラー
見開きは二ツ坂2年の3人の日常

日常エピはご無沙汰してますね!

 

 

決勝戦のオーダー

旭は島田の挑発に応じ、やす子に大将として出ると伝える
やす子はメンバーを集め、オーダーを決めるという

やす子は先鋒は戸井田、大将は島田という事以外はわからない
最後は7人で話し合って決めろとメンバーにオーダー用紙を渡した

 

オーダーまだやす子の中でも決まってなかったのかーー
島田の挑発に乗って大将で旭が出ちゃってよいのかなー

 

やす子はこの1年自分と向き合ってきて強いとこも弱いとこもわかってるはず
自分で決断し、その決断を力にするように命じた

 

やす子なりに決めさせる理由はあったのね

 

 

 

大将に立候補したのは旭と将子
将子は島田の挑発にのって良いことはないと牽制
そしてさくらも7人いるのに自分が選ばれるのが当たり前みたいに考えるなと指摘

 

2年攻撃(笑)
旭も同じ学年から言われると言い返せないか・・・

 

さくらが取り仕切りをする
まずは真春に先鋒で出る気があるかを確認
真春はこんな気持でコートには立てない、試合が怖いと出場を拒否した。

さくらは先鋒は自分だと、名前を書き込む

さっきと言ってることが違うと抗議する旭
さくらは一番強い人に一番弱い人を当てるのは団体戦のセオリーだと説明

 

真春はでないのかー・・・超残念
怖いって正直に言ってましたね、当然ちゃ当然だけど
再戦を期待してただけに・・・

 

 

 

中堅と副将には文乃とえりが立候補

残り2枠に旭、将子、薙の3人
薙は自ら控えを申し出る
認めたくないけど先輩の方が強い、これが今時分に出来ることだという

 

残る次鋒と大将枠

将子と旭は互いに譲らず
最後はじゃんけんで決めることに

 

最後はじゃんけん(笑)
熊本東は次鋒に誰が出てくるのでしょうか、吉里対将子って見てみたいけどな

 

あさひなぐ 358話へ続く
 

 

 

「あさひなぐ 最新 357話 ネタバレ 感想 決勝戦のオーダーぎめ」に1件のコメントがあります

  1. ご無沙汰してます。真春が辞退したのは意外というかすごく残念!
    ただ、佐来戦で身体が思うように動いてくれなかったショックから
    抜け出せなかったのですね。ただ、高校以降に再戦という視点を持ったという意味では前向きに考えるしかないですね。
    ところで、本当に戸井田と島田は先鋒と大将固定なんですかね?
    出雲戦みたく裏をかかれないんでしょうか?まあ熊本東の場合は顧問
    が出てこないのでその可能性はないのか・・・
    薙も素直になったなあ(笑) さくらも戸井田戦が秒殺では士気に
    かかわるから何か策でもあるんでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。