あさひなぐ 最新 363話 ネタバレ 感想 萩の想いに将子は

漫画「あさひなぐ」最新363話「あの子たちとは違うから」のネタバレ感想です。インターハイ、決勝戦。二ツ坂と熊本東の次鋒戦、萩と将子の戦い。萩の強さに思わず笑みが溢れる将子、会場は熊本東応援モードの中、半年前には理由が分からず怖かった相手に戦えてる自分に興奮する。

 

 

363話の続き、あさひなぐ 最新364話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 362話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 362話振り返り

あさひなぐ 362話 ネタバレ

インターハイ決勝戦 二ツ坂 対 熊本東。次鋒戦は萩 対 将子

試合開始からスネを狙う将子に対し、萩はコテで返す。寿慶は身のこなしが美しい、いい選手だと萩を評する

会場は熊本東を応援する雰囲気に。将子は半年前には相手の強さもわからず、ただ怖かったのに今は戦えてると興奮する。

 

あさひなぐ 最新 363話 ネタバレ 感想

 

扉絵は荻と木場
珍しい・・・

 

 

 

萩 VS 将子

萩と将子の接戦が続く
萩は1本が決まらない中、二ツ坂は負けて元々だからかと考えた

 

萩に負けじと将子もめっちゃ攻めてますね
将子マジですごい
強くなってる感ありましたけど、ここまでとは!

 

萩はなんてお気楽な連中だろうと
これまでの薙刀人生を振り返る

幼い頃から薙刀をしてきた萩
勝ったのにも関わらず面紐が緩んでいたことを指摘され涙
周りでは試合後にキャッキャと騒ぐ他の選手たち
萩は自分たち熊本東は他の子と違うのだと中学までには自覚
周りの選手たちとは同じではいけない、それは重荷であり背筋を伸ばす誇りだと考えていた

 

 

 

まさに武士!!
熊本東ってほんとに薙刀に命賭けてますね

 

一緒にしないでくれと憤りを振り払うように将子に攻め続ける
なぜ同じコートにそもそも立たなければと面を決めようとするが
将子の面紐に薙刀がひっかかってしまう
その隙に将子はスネを決めた

 

きたーー!!
萩視点のエピソードだったので萩が獲るのかと思いきや・・・
まさかの将子!!
将子覚醒きてますね

 

あさひなぐ 364話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。