あさひなぐ 366話 ネタバレ 感想 インハイ決勝 中堅戦 木庭 対 文乃

漫画「あさひなぐ」最新366話「次鋒より中堅へ」のネタバレ感想です。インターハイ、決勝戦。二ツ坂と熊本東の次鋒戦、将子は中学の頃個人戦を優先して団体戦に本気を出さず後悔した時のことを思い出す。リードしていた将子は逃げ切ることを考えるも、残り10秒となり攻めきる考えに変わる。そして値千金の胴を決め勝利した。

 

 

366話の続き、あさひなぐ最新367話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 365話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 365話振り返り

あさひなぐ 365話 ネタバレ

インターハイ決勝戦 二ツ坂 対 熊本東。次鋒戦 萩 対 将子

将子は中学の頃、個人戦を優先し団体戦をおざなりにしたことを悔い涙したことを思い出す

将子は萩の攻撃をかわしながら、このまま逃げ切ろうと考える。しかし、最後のワンプレー、やはり自分らしくと考えを改めて胴を決めた

 

あさひなぐ 最新 366話 ネタバレ 感想

 

大倉 対 木庭

将子の勝利が告げられ、観客席が湧く
島田はあーあやっちゃったと荻に嫌味
荻は呆然とする
戸井田の方を見つめるが、戸井田の表情からは何も読み取れない

 

 

 

将子の勝利を喜びたいけど、萩が気になって仕方ない
戸井田のほう見る気持ち超絶同情する。戸井田にどう思われてるのかきにしちゃうよなーー

 

文乃は戻ってきた将子に鳥肌を見せる
引退したら唐揚げデビューだなと告げて将子は文乃を送り出す

萩は涙を流しながら、木庭とすれ違う
拳を合わそうとうとすれ違いざまに少しだけ木庭のほうに手をやる萩だったが
木庭は反応しなかった

 

せ・・・・せつなすぎません。このシーン
萩可愛そう。もう泣ける

 

文乃の引退試合だというさくら
薙は引退試合ねぇ・・・とつぶやく
真春は何?と訊くが別にと薙が応える

 

 

 

何の伏線でしょうか。薙のつぶやきが真春は気にいらなさそうですけど・・・
試合中に薙が語るのかな

 

試合が始まる
文乃は木庭の忍者のように静かな動きに技の起こりが読めず戸惑う
木庭は闘いながら、涙して試合を見つめる萩の方に目をやる
戸井田にみっともないから泣くなと言われる萩に木庭はこころの中で
負けたくらいで死なないから大丈夫だと伝えた

 

木庭、試合終わったら直接言葉にして萩に伝えてやってほしい
木庭中心に描かれてますが、文乃はやっぱり負けちゃうのかな
引退試合だし、下馬評を覆して欲しいですね

 

 

 

あさひなぐ 367話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。