あさひなぐ 372話 ネタバレ 感想 インハイ決勝 副将戦 吉里のプレーの理由

漫画「あさひなぐ」最新372話「顔のいい女」のネタバレ感想です。インターハイ、決勝戦。二ツ坂と熊本東の副将戦。えり 対 吉里。吉里の「汚い薙刀」を前に苦戦を強いられるえり。試合を見ていた戸井田や木庭、俵たちは一同に不快感を示す。

 

 

372話の続き、あさひなぐ最新373話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 371話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 371話振り返り

あさひなぐ 371話 ネタバレ

インターハイ決勝戦 二ツ坂 対 熊本東。副将戦 えり 対 吉里

一敗で敗退が決まってしまう後がない状態。えりは吉里が見せた隙をついて攻撃をしかけるが、それは吉里が敢えて見せていた隙だった

相手を誘うように構えを汚くする作戦に夏之は審判ウケが悪いと説明。戸井田は吉里の薙刀を汚いと言い舌打ち

追い詰められ恐怖を感じるえり、吉里は周りにどう思われてもいいから自分の汚い薙刀を突き通そうとする

 

あさひなぐ 最新 372話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラー!水色ストライプの背景で爽やか—
二ツ坂2年3人勢揃い。将子はやっぱジャージなんだなー(笑)

 

 

 

副将戦 えり 対 吉里

吉里のプレーを見て「汚物が。」と顔をしかめる
将子や文乃もイライラが収まらない
さくらは個人戦にも出て実力がある吉里がなぜあんな手ばかりつかうのかと首をかしげる

 

さくらが野上先輩程度なら余裕で倒せるとかディスってて笑いました
そうですよねー本気でやったらもう試合終了してたんじゃないのかな

 

吉里は戸井田に筋が良いから練習相手になると言われ、嬉しかった時のことを思い出す
その後も萩や島田に筋が良いと伝えたのを横目でみていた吉里
それでも、誰も戸井田の特別にはなれないと考えていた

しかし、二ツ坂の真春のことだけはとても気に入っていることが解った
気に入ったのか聞いた時に戸井田が特に顔がいいと応えたことが許せなかったのだった

 

 

真春に個人戦で挑むも敗れた吉里
何でもいいから自分がしたことで戸井田の顔が歪むのが見てみたかったのだ

 

なるほどー。こんな戦い方するのも真春の顔が歪むのが見たい一心なんですね
一応目的すでに叶えてますけどね・・・

 

吉里は柄スネで反則を取られる
夏之は柄スネは大人しか使ってはいけない技、通常は1回くらいでは反則は取られないけど
審判たちの目に余ったのだろうと分析する

寿慶は武の熊本がこういう試合を平気でするのは残念だとがっかりする

 

試合再開
反則を取られてもなお、吉里はえりをおちょくるような攻撃を続ける
しかしとうとう小手で一本を獲る

 

 

 

結局一本獲られちゃいました
最後の吉里の顔。。。嬉しそう-(笑)
勝っても負けても、戸井田はもうそんなに変わらない態度なんでしょうね-

えりは取り返して同点にはしておきたいですね

 

あさひなぐ 373話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。