あさひなぐ 378話 ネタバレ 感想 IH決勝 大将戦 1本獲られた旭は

漫画「あさひなぐ」最新378話「私からあなたへ」のネタバレ感想です。インターハイ、決勝戦。二ツ坂と熊本東の大将戦。島田と旭の勝負を二ツ坂顧問の小林先生が見つめる。旭は島田の薙刀で足を滑らせるが、立ち上がり反撃に・・・・というところで島田のスネが入る

 


スポンサーリンク


 

378話の続き、あさひなぐ最新379話のネタバレ感想はこちら

あさひなぐ 前話 377話のネタバレ感想はこちら

 

あさひなぐ 前話 377話振り返り

あさひなぐ 377話 ネタバレ

インターハイ決勝戦 二ツ坂 対 熊本東。決勝戦を少し離れたところで見守る顧問の小林先生。隣で試合が見れず涙する女の子の土台になってやる。/p>

上段構えの旭に島田はスネを狙う。ジャンプしてかわすも着地点に島田の薙刀があり、脚を滑らせる。たちあがり島田に反撃しようとするがスネを喰らってしまう

 

あさひなぐ 最新 378話 ネタバレ 感想

 

インターハイ決勝 大将戦 旭 対 島田

二ツ坂が優勝するにに2-0で旭が勝つしかないと夏之
しかし島田のスネが入ってしまう

日本一を目指そうと言った自分の夢は身の丈に合わない夢だったのかと旭

 

 


スポンサーリンク


 

これはギリギリ入ってないパターンだと思ったんですが
獲られちゃったーー
でも2本取り返して2-1で勝てばまだ代表戦ある?から、そこへ望みを繋ぐ感じですかね

 

旭は自分がその夢を壊してしまったと落ち込み、自分の手を見つめたまま動けない
審判が開始線に戻るように指示

試合再開
もう勝っても負けても意味がないのかと感じつつも、意味がなくても負けてはいけないと自らを鼓舞して戦おうとするが左足首に痛みを感じる

 

痛みを忘れるくらい集中してたけど、ちょっと1本獲られて落ち着きを取り戻したといったところでしょうか
足大丈夫かなー

 

真春もすぐに異変に気づく
痛みで踏み込みができなくなる旭
目の前が暗くなる中、観客席にいた一堂が立ち上がり旭の名を叫ぶ

 


スポンサーリンク


 

旭が戦ってきたライバルたちが皆、旭へエールを贈る

 

やっべ、泣いちゃう。これは泣ける展開

 

旭は再び、島田へと立ち向かう

 

ここから逆転してなんとか試合には勝ってほしいです
でも、そろそろ残り時間が気になりますね

 

あさひなぐ 379話へ続く
 

「あさひなぐ 378話 ネタバレ 感想 IH決勝 大将戦 1本獲られた旭は」に2件のコメントがあります

  1. うーん。まだ代表選の可能性が残っているし、実際に都の予選決勝では代表戦をくぐり抜けてきた経験を持っていることを考えると、旭の「終わってしまった」感が納得いかないですねー。
    とにかく気持ちを切り替えて逆転してもらいたいです。
    しかし決勝の場でラスボス的相手に対して絶望感がよぎった時に、ライバルが立ち上がって名前を叫ぶ的展開。「これって確か、あのマンガでもあったな」感があるのですが、今回のはジワジワくるものがありました。

    1. marukoさん
      コメントありがとうございます
      代表戦のことは頭にまったくないのか、戸井田相手じゃ勝てるわけ無いと諦めているのか。。。どちらでしょうね
      突然立ち上がり、名を叫ぶシーンはちょっと憧れます(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。