アシガール 104話 ネタバレ 感想 唯と天丸の決意 ココハナ3月号

a漫画「アシガール」の最新104話のネタバレ感想です。三之助の作戦で悪丸はまぼ兵、唯は金のけむり玉で敵兵を撹乱するも時間稼ぎにしかならない。敵が黒羽城の相賀一成だと判明。敵兵が緑合に迫っていると聞いた若君たちは・・・アシガール104話はココハナ2021年3月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

104話の続き、アシガール最新105話のネタバレ感想はこちら

前話、アシガール103話のネタバレ感想はこちら

 

前話、アシガール 103話の振り返り

 

アシガール 103話 ネタバレ

緑合の守備兵500に対して敵兵は5000、三之助の作戦で悪丸はまぼ兵で敵を追い払う

安堵したのも束の間、敵兵たちは再びやってくる。敵は黒羽城の相賀一成だと判明。今度は唯が尊の残した金のけむり玉を持って向かう。時間を稼ぐがさして効果がないこともわかっていら、その間、敵兵に迫られていると聞いた若君は顔をこわばらせた

 

アシガール 最新 104話 ネタバレ 感想

 

唯の決意

金のけむり玉の霧が3時間後に晴れる
相賀軍は体勢を整え、緑合を囲う
しかし想像以上に時間がかかってしまい、その頃にはもうすっかり日が暮れていた

 

 



スポンサーリンク


 

相賀軍が霧の間にグダグダになってるのラッキーでしたね
山で霧に囲まれるって、経験ないけど視界も奪われているので想像以上に怖いんでしょうか

 

信茂たち、じーちゃんたちはそれぞれのスタイルで武士たちを鼓舞
とはいえ、敵兵は緑合の10倍、守りきれるわけがないと困る唯

相賀は先程の霧や、まぼ兵を警戒し使者を送ることにする

 

相賀の使者が伝えた要求は、天丸を人質にとのことだった。
赤ちゃんなので唯も一緒にとのことを聞いた唯、できるわけないと怒るが
皆が自分たちを守るために死ぬ気でいることを知り複雑な思いに

そこへ重盛が自らの孫、彦太郎を代わりにと提案。天丸より10日早く生まれたのだという
母親の気持ちも考えて、と拒否する唯だったが、母親のむつは天丸は御月家の大切な跡取りでお役にたてるのは彦太郎にとっても喜ばしいことだという

 

すごい決意です・・・・今だと考えられないことですけど、戦国時代だとままあったことなのでしょうか

 

 



スポンサーリンク


 

若君の良い家臣は天丸にとって一番の宝だという言葉を思い出す唯
そのまま、パクってむつの申し出を丁寧に断り、自ら天丸と向かうと決意

歴史が証明しているから私たちは大丈夫なハズだと。

 

歴史が証明しているから無敵
って最強の言葉ですね(笑)

 

源三郎や渡瀬が一緒に行くと申し出るも唯は2人で行くと断る
しかし、信茂だけは言うことを聞かない
渋々、信茂も連れて3人で相賀軍へと向かったのだった

 

唯も言ってましたが、若君が知ったらショックですよ。これは・・・
相賀はそれでおとなしく引き下がるのでしょうか。そして、引いて向かう先は?
天丸を人質に交渉が始まるのかと思うのですが、緑合を明け渡せとかそういうことですかね?
唯は黒幕(コメント頂いてましたが、おそらく信長?)に近づくチャンスとなるのかな?

 

アシガール 105話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。