アシガール 最新 91話 ネタバレ 感想 尊と宗鶴 ココハナ12月号

漫画「アシガール」の最新91話のネタバレ感想です。戦国時代へ唯の代わりに残った尊。唯は病院へ運ばれるも無事に回復し退院する。晴永は尊に緑合で待つようにいうも尊は戦についていくという。ココハナ2019年12月号掲載エピソード。

 

 

91話の続き、アシガール最新92話のネタバレ感想はこちら

前話、アシガール90話のネタバレ感想はこちら

 

前話、アシガール 90話の振り返り

 

アシガール 90話 ネタバレ

タイムマシンで現代に戻った唯、隣の家の向坂教授が唯が戻ったのに気づき両親をおこしてやる。病院へ運ばれた唯は腎盂炎と診断される、投薬と点滴で回復するだろうという

晴永は尊を緑合へ送るというが、尊は知らない人の家にいるのはムリだと拒否。一緒に戦に行くという

4日で退院した唯、家に戻り尊の作業部屋が散らかっているのに戻ってこれるのかと母は首をかしげる

晴永は小平太と源三郎に尊の面倒をみてやるように伝える。源三郎は尊に馬を用意してやるが尊は馬に乗れず、走って追いかけることに

 

アシガール 最新 91話 ネタバレ 感想

 

扉絵は宗鶴と忠永が囲碁で勝負でした
渋い!(笑)

 

 

 

尊の活躍

東村上の本陣に到着した清永一行
途中でバテてしまった尊は小平太に担がれてやってきた

 

尊・・・超絶げっそりしてて笑いました

 

本陣だと案内されたのは寺だった
尊は唯から地べたにごろ寝だと聞いていたので、足軽と若君の小姓は違うなと感じ
武士が優遇されているのを理解する

清永はでんでん丸を尊に手渡した

 

尊が小平太たちから刀(でんでん丸)の受け取り方が無礼だと注意されるんですが
下から両手で受け取るのが礼儀なのか・・・
なかなか刀を受け取ることなんてないから、これは新鮮でした

 

 

 

忠永と志喜の元へ話をしに清永たちが
唯の状態をあんじていた忠永たち
そして清永は戦況を訊く
城を囲んでも室屋が降伏する様子がないため明朝一気に攻め込む予定だという
清永は城内の民たちが巻き添えになることを案ずるが、志喜はこのままでは餓死してしまうだろうと指摘する

 

悩ましいですね。どうやって攻略するのでしょうか
尊が良いアイデアを思いつく展開だと思うんですけど・・・にしたって特にでんでん丸以外には道具ないしなー

 

そこへ兵士が尾張からの援軍到着を報告
高山宗鶴、宗熊だという

名前を耳にしてまずいと考えた御月家一行
しかし宗鶴、宗熊はすでに廊下で話ながら部屋へ入ってきてしまう
宗鶴は援軍ではなく村上城を建てた知恵を貸すよう信長から言われたのだと

 

 

宗鶴は忠永と清永に気づき、なぜここに!と声を荒げるが尊がでんでん丸で感電させ失神させた

 

尊やりました!!仕事しました(笑)
そうか、城攻略は宗鶴、宗熊が知恵を貸してくれるってことすね
裏口?から城に潜入する隠密スタイルで室屋を撃破という感じでしょうか。尊が忍者的な動きをするのかな

 

尊は初めてでんでん丸を人に使い、ビビって震えていたが
清永はイイねのサインを出し微笑んだ

その夜
目を覚ました宗鶴の前に忠永が
忠永は過去の名を内密にと頭を下げる
恥をさらしてまで生きたいというのかと宗鶴が指摘するも
忠永は唯がこの世に命より大事なものはないと言ったと伝えると、
宗鶴はすっかり嫁の言いなりではないかと言いつつも微笑んだ

 

 

 

ここで唯が効くとは・・・皆唯大好きですね

 

尊は夜中にムカデが腕を這ってるのを見つけ飛び起き大騒ぎ
小平太が大したことないと一蹴する

 

尊がまだ戦国時代に慣れるのには時間がかかりそうですね
初心者の尊がいることで、話が都度整理されるので読みやすいです(笑)

新しい発明のヒントが得られそうな予感もするし
戦国時代にあるもので何か作ってくれそうな展開も期待

 

アシガール 92話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。