アシガール 94話 ネタバレ 感想 尊の作戦 ココハナ3月号

漫画「アシガール」の最新94話のネタバレ感想です。尊は目の前で人が死ぬのを見て気を失う。清永たちは村上城を無事に取り返す。尊が目を覚ますとおふくろ様の姿が。おふくろ様は尊をちゃんとご飯を食べるように叱る。ココハナ2020年3月号掲載エピソード。

 

 

94話の続き、アシガール最新95話のネタバレ感想はこちら

前話、アシガール93話のネタバレ感想はこちら

 

前話、アシガール 93話の振り返り

 

アシガール 93話 ネタバレ

清永は村上城へ突撃。合図を受けて、正門からは宗鶴が突入。30分ほどで城を制圧する。

尊は宗熊たちにおぶられながら、緑合へ戻る。目を覚ますとおふくろ様の姿が。おふくろ様は落ち込む尊をフォローしつつも、ご飯を食べなきゃダメだと駄目だしする

清永と話をする尊。清永は戦では自分は死なないと解っているので、避けられない戦には自分が出ていくのだと語る。尊は早く唯と若君がまた会えるようにしなければと誓う

 

アシガール 最新 94話 ネタバレ 感想

 

扉絵は生まれてくる御月久永のエコー図
久永は何と呼ばれるのかなー、ひーくんでしょうか?ひさくん?かなー

 

 

 

尊の作戦

清永は渡瀬とつゆに唯がしばらく小垣で過ごすと嘘の説明をする

 

若君、嘘がうまいといいますか・・・めっちゃ堂々としているから嘘だとは思えないですね

 

尊はじいたちに目をつけられ、毎日しごかれ、鍛えられていた。
御月家の皆は唯が居なくなったことにはもう慣れっこの様子で
それは、清永がいつもどおり明るく穏やかだからというのもあるだろうと尊は考えていた
もっとも、本当は清永が一番心配でたまらないだろうにと

 

尊このまましごかれつづけて、そこそこイケてる感じになったりしないでしょうか笑

 

 

 

現代 満月の夜
唯は両親に別れを告げて、タイムマシンを起動

 

あ・・・久永のあだ名は「ひさくん」、もしくは「ひーぴょん」でしたね!!
お母さんのひーぴょん(笑)ってのがリアルなおばあちゃんぽさを感じます

 

いつまで経ってもタイムマシンが起動しない
唯は清永が見送る時に見せた淋しげな笑顔を思い出し、帰れないのだと理解した

両親は尊にはまだ演ることがあるし、家系図にも名前があったから帰れるはずだと励ます
しかし散らかった尊の部屋を目の前に、唯は途方に暮れた

 

尊が筆で計算していると三之助がやってくる
三之助は数字に興味を示し、すぐに掛け算を覚える

 

 

アラビア数字がまだ伝わっていないから慎重に・・・と考えていたところで
尊はあることを思いつく

 

数字を墨と筆で書いてるのってなんだか不思議ですね。
この時代だと紙って結構貴重だったんでしょうね

 

尊は清永に思いついたことを説明する
尊はタイムマシンの組み立て方と操作方法をできるだけ詳しく書き綴り
これをかつて木村先生が発見した書状と一緒に忍ばせておけば、唯が見ることができるのではないかと考えたのだった。

457年間誰の目にも触れなかった家系図を蔵の中で見つけ
そこに設計図を忍ばせたふたり

457年後の未来で木村が見つけてくれることを静かに祈ったのだった

 

 

 

なるほどーー!!
えーっとこれで未来が変わるってことなのかな?
現代にいる唯が設計図を見るには木村がもう一度?書状を調査する必要があって
かつ、面白いものを見つけたって唯に教えてくれる必要がありますね

いや、そうじゃなくって、木村先生が調査結果を見せた時(過去)に設計図に気づき
もうタイムマシンを現代では直せる状態ってことなのかな?

457年経つちょっと前に誰か他の人に発見されて皆がタイムマシン作れるようになっている未来も面白そうですね
だとするとカオスですけど(笑)

 

アシガール 95話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。