アシガール 98話 ネタバレ 感想 帰ってきた唯 ココハナ7月号

漫画「アシガール」の最新98話のネタバレ感想です。清永に縁談を持ってきた信長、そこへ唯が登場。驚く尊、唯は自分とお腹の子がありながら縁談とは何事かと清永を責めた。信長は二人の様子を確認し縁談を取りやめた・・・ココハナ2020年7月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

98話の続き、アシガール最新98-2話のネタバレ感想はこちら

前話、アシガール97話のネタバレ感想はこちら

 

前話、アシガール 97話の振り返り

 

アシガール 97話 ネタバレ

清永に縁談を迫る織田信長。断ることなどできない空気、尊は信長の圧を感じる。部屋の外が騒がしいと思った次の瞬間、唯が部屋へ入ってくる

涙を浮かべながら縁談とはどういうことかと清永に問い詰める。清永は信長と忠永にお腹の子が助からないと聞いたので小垣で療養させていたのだと説明

信長は唯の存在を目の当たりにし縁談を取りやめた。その日の夜縁側で話をする唯と清永。清永は何があってもふたりを守ると約束した。

 

アシガール 最新 98話 ネタバレ 感想

 

扉絵は唯に甘えて?胸に抱かれる若君
なかなかのレアショット!
若君まつ毛長い!!

 

 



スポンサーリンク


 

タイムマシンに乗って

4ヶ月前
唯は騙されて現代に戻されたと肩を落とすも
両親の励ましですぐに元気を取り戻した

しかし満月を二度迎えるも、タイムマシンが直る様子はなく
過去に戻ることは出来なかった

2ヶ月過ぎたある日
木村先生が尊の手紙を持って慌てて家へやってきた

 

先生、そうか唯のおめでた知らなかったかー
2ヶ月経って唯髪伸びてますねー別人

 

木村先生は御月家の蔵でこれを見つけたと興奮
文書には速川家の住所と、唯宛の手紙だということが書かれていた
唯は尊が向こうでいれたのだとすぐに理解
両親は心当たりがあるかと先生に訊かれるも、知らんぷりする

 



スポンサーリンク


 

唯は手紙に清永が書いた「I LOVE YOU」の文字を見つけてときめく

 

なんで英語なんだろう、これはキュンとしますねー

 

唯は先生にお礼を告げ、その日から7日間
唯の父はタイムマシンの組み立てに没頭

そして燃料が貯まるのを待つのに1ヶ月半がかかった

 

設計書あれば作れちゃうのもすごいよねタイムマシン!

 

満月の2日前
お菓子やぬいぐるみなど、向こうへ持っていくものの準備をしていると
母が髪がボサボサだから整えてもらったらどうかと提案

尻の下まで伸ばすつもりだという唯だったが、毛先だけカットしてもらいにいつものJUJU美容室へ
カットの間寝てしまった唯
おばちゃんのごっめーんという言葉に目をさますと、鏡に写った自分はいつもどおりのおかっぱ頭だった

おばちゃんは唯の顔見たら手が勝手にと弁解する

 

笑笑 ひどすぎるけど、唯はやっぱりこの髪型が一番似合ってます!

 

 



スポンサーリンク


 

迎えた満月の夜
唯は両親にしばしの別れを告げ過去へと戻った

小垣に到着した唯、驚く家臣たちをよそに宗熊は唯を自然に受け入れた
夜を明かし、翌朝御月へ帰るつもりだったが百姓一揆が収まるまで動きが取れないことが判明
一揆が収まったのは8日後だった

 

宗熊の懐の深さよ
良い嫁さんもらってほしい

 

唯は新しい着物をもらい、しかも駕籠に乗せてもらい御月に向かったのだった

 

なるほどねーーすぐにこれなかったのは色々とトラブルがあったんですね
唯ももうトラブルに慣れっこって感じですね

駕籠で移動説はコメント欄で考察頂いていましたね!すごいバッチリ当たってる!!

 

信長が帰った後
信茂が興奮して唯の元へ
唯は自分が今日戻ってこなかったら新しい正室を迎えるつもりだったのかと信茂や忠永を責めた

 



スポンサーリンク


 

尊はお世継ぎのご母堂は最強だと唯の様子を見つめていた
そして唯に責められる皆を見て笑いをこらえる若君に気づき嬉しくなった

外では初雪が振り始めていた

 

唯が無事に戻ってこれてよかったですー
やっぱり唯がいるとにぎやかで良いですね

尊は次回で現代に戻っちゃうんでしょうか
この時代に揉まれて少しはたくましくなったかな

 

アシガール 99話へ続く
 

「アシガール 98話 ネタバレ 感想 帰ってきた唯 ココハナ7月号」への8件のフィードバック

  1. 輿じゃなく駕籠でしたか。まあ、可能性としては考えていたのですが。
    駕籠ならば輿よりはずっと速く移動できるし、腕の良い駕籠かきなら徒歩よりもだいぶ速いけど、輿ほど安全じゃないですからね。

    一方で、「なぜもっと早く戻って来なかったのか」と言う皆に、唯は「早く戻れるならそうしたかったけど、お腹の子のために黙って耐えてきたのだ」と答えている。
    どちらにとっても、そう言いたくなって当然なんですねえ。

    1. コメントありがとうございます!
      駕籠と輿は微妙に違うものなのですね!ググって理解しました。面白い。

  2. 『唯はやっぱりこの髪型が一番似合ってます!』
     でも、第2巻や第5巻で見せた『戦国時代の女性』姿も、よく似合ってて魅力的でしたよね、唯。
     二度と短くする理由が無いので、数年後には、髪の長い、戦国時代の奥方になった唯が見られるはずです。むしろそうでなければおかしい。

    『宗熊の懐の深さよ 良い嫁さんもらってほしい』
     考えてみれば宗熊も、若君とは別の意味で人に好かれるタイプです。
     根っから人が良くて気も良い。しかも親切で誠実だから、才能は無くても人としての器量はあるかもしれない。
     奥方が賢夫人なら、名君になれるかも。

    1. コメントありがとうございます!
      そうですねー唯はこれからまた髪を伸ばすんでしょうね、どんな髪型にするのかなー敢えて戦国時代の女性じゃない髪型にチャレンジしてみてほしいです(笑)

      宗熊の株は今回のエピソードで更に上がりました!また出てきてほしいです。

  3. 先月の初め頃から、Wikipediaの「アシガール」のページに、かなりの情報が追加されています。
    第11~第14巻のストーリーも。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。