ふつうの恋子ちゃん 最新 71話 ネタバレ 感想 剣くんの中学時代

漫画「ふつうの恋子ちゃん」の最新、第71話のネタバレ感想です。恋子の母が倒れる。文化祭当日を迎えて剣くんは恋子が徹夜で作ったレシピを手に学校へ向かう。豚汁屋は大成功を収め、皆は恋子に感謝する。マーガレッット14号掲載エピソードです。

 

 

71話の続き、ふつうの恋子ちゃん最新72話のネタバレ感想はこちら

前話、ふつうの恋子ちゃん 70話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ふつうの恋子ちゃん 70話の振り返り

 

ふつうの恋子ちゃん 70話 ネタバレ

倒れた母がと病院へ向かう恋子と愛子。剣くんも病院へやってきて傍にいるというも、恋子は豚汁屋が気になり学校へ行くように言う

剣くんは恋子のレシピを手に文化祭へ。豚汁屋は大成功。母も歳のせいで倒れたと判り一安心。

恋子の元へ剣くんが文化祭で買った食べ物をもってやってくる。クラスのライングループでは恋子への賞賛が続く

 

ふつうの恋子ちゃん 最新 71話 ネタバレ 感想

 

中学時代の剣くんが扉絵!
若い!!
高校生も若いけど、どうやってかき分けてるんでしょう
ちゃんと若い!!目ですかね・・・あとは輪郭かなー

 

 

 

中学時代の剣くん
文化祭で豚汁を売りながら昔から器用だったと中学時代を振り返る

中学ではサッカー部に入った剣くん
ジュニア上がりでないのにレギュラーなのは剣くんだけだった

ある日の試合後、女子に呼ばれて部室を出る剣くん
部室の外ではレギュラーになれない竹山がひとりでボールを磨いていた

剣くんは告白を断る

皆のことが好きだし、好きなことも多かった、何かと器用でいろいろそこそこできていた

 

剣くん、ルックスもお見事でなんでもオールマイティーにこなすとか
まさに出来杉君、神童ですね

 

 

 

放課後、掃除をしながら高校の進路についての話になると
剣くんは高校ではサッカーをしないかもしれないと話す

それを聞いた竹山は上手いのにずるい、その程度の気持ちならサッカー部なんて入るなと怒る

 

剣くんはサッカーが好きな竹山の言葉に
自分が器用なだけで、上手くやれたから好きな気がしただけかもしれないと考える

 

竹山くんまさかの八つ当たり
ずるいって。。。斬新なツッコミだけど、嫉妬する気持ちは分かる

 

学祭
豚汁を売り切り安堵する剣くん
恋子の元へ向かう道すがら、中学時代の回想を続ける

竹山くんはレギュラーになることはなく、剣くんは地元のほぼ全員が受かる高校を選び
大学進学に有利かもと陸上部に入る

剣くんは途中で自転車に乗る竹山を発見
竹山がサッカー部のジャージを着ているのに気付き嬉しくなる

 

 

「今は必死になれるんだ器用にやれてもやれなくてもこの子のためならって」

 

竹山のチャリの荷物量から察するにきっとまだレギュラーにはなれてないんだろうなー
剣くんが夢中になれるものがもし見つかったら・・・最強になれそうですね
恋子以外にも見つかるといいね!

 

ふつうの恋子ちゃん 72話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。