青の祓魔師 最新 101話 ネタバレ 感想 青エク ジャンプSQ 8月号

漫画「青の祓魔師」最新101話「SsC04:36」を読んだネタバレ感想です。明かされる藤本獅郎とユリ・エギンの過去。ふたりが出会い、そして正十騎士団の元へ・・・サタンはまだその頃ただの燐火で・・・徐々に紐解かれる燐と雪男出生の謎。ジャンプSQ8月号掲載エピソード。

 

 

101話の続き、青の祓魔師最新102話のネタバレ感想はこちら

前話、青の祓魔師 100話のネタバレ感想はこちら

 

前話、青の祓魔師 100話の振り返り

 

青の祓魔師 100話 ネタバレ

メフィストから貰った鍵で過去へやってきた燐。早速若き日の藤本獅郎を目撃する

犬に姿を変えたメフィストが燐を案内する。燐は続いてユリ・エギンの元へ。幼いユリ・エギンはホームレスたちと北地区に住んでいた

ユリ・エギンはサタンこと燐火とゴミ捨て場で遊んでいた

ある日、ゴミ捨て場が火事になりユリ・エギンはひとりぼっちに。行く宛の無くなったユリ・エギンは藤本獅郎の隠れ家を見つけて転がり込む

エロ本がたくさん落ちてる場所を教えるという条件付きで一日おいてやることに

藤本獅郎の隠れ家に正十字騎士団が。ユリ・エギンと一緒にアサイラムへ連れて行かれる

 

青の祓魔師 最新 101話 ネタバレ 感想

 

燐の旅、続く
燐はアサイラムこと祓魔塾へと連れて行かれるユリと藤本獅郎の後を追う
ユリの身元調査が行われ、ユリの家族についていくつか明かされる

・蓉子・エギンという6年前に死亡した女性の子
(蓉子は病気で身動きが取れずユリの身を誰かに託す手紙をユリのカバンに縫い付けていた)
・父親は不明
・蓉子の両親は自殺
・エギン家は財閥だったが解体後、没落しバラバラに

 

 

ユリはそのままアサイラムに収容され祓魔師になるべく勉強に励むことに

 

ユリのお母さん、蓉子は初登場ですよね?
同じ「エギン」はこれからも出てきそうな予感

 

藤本獅郎はメフィストに呼び出され、メフィストの部屋へ
金を貯めてセクションから逃げ出して自由になるつもりだったという獅郎
それも叶わなくなった今、メフィストにアザゼル群の候補生(エスクワイア)にしろとせまる

候補生になれば実験体の務めも1年に一度になるし
聖騎士になれば自由が手に入るとせまるもメフィストは笑って応える

候補生になればセクションの秘密を守るため命と引き換えにモリナスの契約を結び
聖騎士になれても騎士團に一生忠誠を誓う犬になるだけだと

しかしそれでも藤本獅郎は構わないと言う

眼の前の悪魔は一匹残らず殺してやる
殺して殺して殺しまくって聖騎士になったら飼い主どもは用済みだ
最後はテメェの喉笛喰い千切ってやるよ・・・

 

メフィストは「面白い」と候補生に推薦することを快諾

但し 条件があります
貴方が一度でも悪魔の前に屈した時は
私のお願いを何でも一つだけ聞いて下さい

 

メフィスト、意味深
この後、悪魔の前に屈したであろう藤本獅郎が何を約束させられたんですかねー

 

 

 

メフィストは4年後の世界に燐を連れて行く
青い夜以降、アサイラムが解体された話から
アサイラムが十三號セクションの研究施設の隠れ蓑だったことを説明

王クラスの悪魔の憑依に耐える人体を造り出そうとしていました
悪魔の王の複製品を造り 憑依体となるよう育成する研究です

 

藤本獅郎が氣の王アザゼルの複製品だと聞かされた燐はなんのために?と迫る
メフィストは応える

ルシフェルの為ですよ
実験体 研究者
研究の全て
この施設の何もかもが
ルシフェルという巨大な爆弾が爆発するのを
ただひたすらに時間稼ぎする為に存在しているんです

 

この当時はまだ「青い夜」の前だからルシフェルとメフィストはなんとかうまく?やれてたのですね
次号で「青い夜」についても深く語られるのでしょうか?
聖十騎士團の闇を知ってしまった燐はどうする?

そろそろしえみの秘密も気になってるんですけどーー

 

青の祓魔師 102話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。