青の祓魔師 最新 115話 ネタバレ 感想 青い夜はじまる 24巻続き

漫画「青の祓魔師」最新115話「SsC23:17f」のネタバレ感想です。しえみは天空へと連れて行かれエレミヤ・ウザイに母に会いたいと頼む。孤独に挫けそうになったしえみだが、期せずして過去から戻った燐にトイレで再会し元気を取り戻した。ジャンプSQ2019年11月号掲載エピソード。

 

 

115話の続き、青の祓魔師 最新 116話のネタバレ感想はこちら

前話、青の祓魔師 114話のネタバレ感想はこちら

 

前話、青の祓魔師 114話の振り返り

 

青の祓魔師 114話 ネタバレ

しえみはシェミハザの結晶が鎮座するという天庭へと連れて行かれる。ドレスに着替え母の居場所をエレミヤに訊くも忙しいから母は相手ができないと説明する

孤独なことに気づいたしえみは挫けそうになり、雪男と燐のことを思い出し元気をだそうとトイレへ。そこに燐が寝ているのを発見したしえみは驚く

燐が目を開けて寝ているのに気づき思わず吹き出すしえみ。燐は夢の中でサタンに心を乗っ取られそうになるがしえみの助けもあり抗う

燐は過去へと戻る。憑依体の脳がダメになったサタンはユリ・エギンに執着し、姿を探し求めていた。

 

青の祓魔師 最新 115話 ネタバレ 感想

 

青い夜

壊れ始めたサタンがユリを探し彷徨う
死に体のルシフェルをユリだと勘違いして近づくサタン
ルシフェルは同情しつつ愛してると口にするサタンの頭を攻撃
苦しむサタンはユリに裏切られたと怒りを爆発させる

 

 

 

体を求めるサタンが青い光となり世界を貫く
特定の人体が発火し始める

サタンの暴走から逃げ惑う人々
家族を連れ逃げていたイゴール、左目が発火
子を抱えた妻のミカエラに逃げろと伝える

 

イゴールの家族は死んじゃったことになってるけどこの男の子生きてたりするんでしょうか

 

京都では達磨の父が発火
志摩家の長男、矛造がヤマンタカを手に皆を誘導し逃げるも青い炎が追いつき、崖から落ち死んでしまう

 

達磨の父は子猫丸の父、猫丞を殺してしまったってことですか!?

 

グリゴリのアザゼル、シュミハザ、アルムマヘルは苦しみだす
シュミハザはイルヤに命じエシミをシェルターに連れて行かせた

 

 

 

シェミハザの娘がシエミ?でシエミの子がしえみ?

 

パラディンとアークナイトたちはユリとお腹の子を殺そうとする
藤本獅郎が銃で威嚇し、ユリとお腹の子を守る
混乱の最中、ユリは雪男を産むが産声をあげなかった・・・

 

青い夜、壮絶です!!
いろんな伏線が回収されたような、また謎が深まったような・・・

ユリを守りきった獅郎はかっこよかったです!
次回もまだ青い夜続きそうですね

 

青の祓魔師 116話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。