青の祓魔師 最新 132話 ネタバレ 感想 燐 サタンへ宣戦布告

漫画「青の祓魔師」最新132話「無双 爆ぜる」のネタバレ感想です。ライトニングは対サタンの作戦を説明する。燐は対サタン精鋭部隊に加わる、別動隊の隊長は雪男、そこには勝呂たちエスクワイヤ、そしてシュラも加わる。ジャンプSQ2021年8月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

前話、青の祓魔師 131話のネタバレ感想はこちら

 

前話、青の祓魔師 131話の振り返り

 

青の祓魔師 131話 ネタバレ

しえみはアマイモンを服従させることに成功する。

ライトニングは対サタンの作戦を説明。サタンに対するは精鋭部隊に加え、潜伏した別動隊も。志摩はスパイとしてではなく騎士團の一員として戦うことを宣言

アーサーがやってきてライトニングを驚かせる。精鋭部隊には燐とアーサーが加えられ、別動隊の隊長に雪男が任命される。シュラも別動隊に加わる

 

青の祓魔師 最新 132話 ネタバレ 感想

 

センターカラー、扉絵はサタン軍団でした
エギュンって中身入ってたんだ・・・てっきりサメちゃんなのかとばかり・・・

 

戦闘開始

シェミハザの境界領域エンペイラにより、悪魔の攻撃を受けてもしばらくは無傷で戦うことができるように
しかし効果は1時間のみだ

 

(エンペイラなんというチート。すごい!)

 

 



スポンサーリンク


 

蟲の王、ベルゼブブは蟲の眷族はサタン軍に組しないと宣言
メフィストこと時の王サマエル、地の王アマイモンも続く

 

(アマイモン!!早速登場。皆にシェミハザがしえみだっていつバレるのかな。あとシェミハザってしえみって言葉入ってんですね。。。)

 

宣言により地と蟲の属性の悪魔たちが撤退

燐たち精鋭部隊は聖布で織られたローブを羽織る
これにより体力が温存され、悪魔の目を欺けるという

 

(ローブかっけえ。雪男の耳あても特別仕様ですか?かっこいいです)

 

皆が動きやすいようにひと暴れしてくると燐が飛び出す
内なる悪魔の力を呼び寄せて、一気にサタンスラッシュでサタンに斬りかかる

サタンは攻撃を一吹きで消し去り、燐の目の前に間合いを詰める
息子と呼ばれた燐は誰がだ、クッソダサコスチュームがぁと反論

 

 

 

クッソダサコスチュームって言われてからサタンの姿見直しましたけど、たしかに・・・(笑)
スター・ウォーズの帝国軍のそこそこ偉い人の服ぽい
あとサタンとタコ?はセットなんですかね

戦いの火蓋が切られ盛り上がってきましたがなんと次号からしばらく休載
再開は2022年5月号とのことで。。。来年までお預けですね

 

青の祓魔師 133話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。