いつかティファニーで朝食を 最新13巻 ネタバレ 感想

漫画「いつかティファニーで朝食を」の最新13巻のネタバレ感想です。麻里子たちの人生が大きく動き出す!菅谷と再会した麻里子の恋、仕事、手術は? そしてNYの典子、妊娠したリサは?それぞれの物語はクライマックスへ

 

 

前巻 いつかティファニーで朝食を 12巻のネタバレ感想はこちら

 

いつかティファニーで朝食を 最新13巻 ネタバレ 感想

 

表紙はNYのイエローキャブから降りつつバーガー頬張る麻里子
ニューヨーク編ずっとやってほしいなーー

 

62話 待望の妊娠
12巻の続きですね
妊娠報告したリサ側のエピ

家族はもちろん喜んでくれるけど
会社では意外と喜んでもらえない

妊活してる上司に報告するとこは胸が詰まるシーンでした
上司の気持ちもわかるけれども・・・泣いたり口利かないとかどういうことよ

 

名古屋で天シャンモーニング
麻里子、栞、そしてリサ
妊娠して生活が変わり、戸惑うリサへの
栞パイセンの言葉にぶっ刺さりました

「お酒飲めないのも つわりがあるのも 人間関係がうまくいかないのも 赤ちゃんがいるって証拠なんだよ」

さすが2人のママ。説得力ある

 

 

 

朝ごはんから一緒で、リサの帰りが夜だったんだけど
朝行ってその後即帰ってたらどうしようって心配してたから安心(笑)

 

63話 目を覚ましたら
もはや栞よりレギュラーなきみちゃんと麻里子は「アメリカン」でモーニング

その後、話があるという菅谷と待ち合わせしたカフェへ
ちょっと期待して向かった麻里子だが
自分のアパレルへのお誘いでした・・・

肩透かしだった麻里子、菅谷に勝手にがっかりして
その後手術へ・・

なんかもういろいろせつなすぎる
菅谷が髪型変わったのと、どこかさみしげな感じでもう菅谷別人だな

 

思い描いてた人生と違うことを考えながら
手術後ベッドの上で一人目を覚ます

「でも現実には誰もいない いつだって 誰かにいて欲しい時は 誰もいない」

うわあああああああああん

 

 

 

64話 急な知らせ
NY編
典子が朝ごはんしに行った点心屋いいかんじですねー
ゴールデンユニコーン

気づけば市村さんと仲良くなってるし
さっちゃんGJ

さっちゃんは前話で家のこととか辛そうだったけどもう大丈夫なのかな?

典子の元におばあちゃんが亡くなったと連絡が入る
典子は急遽実家へ戻ることに

おばあちゃんの最後を看取れず悶々とする典子
NYで知り合った友人から連絡が来て奈良にオープンするというゲストハウスへ

ゲストハウスめちゃおしゃれでした!

ちょっと日本に帰ろうかと考え始める典子・・・果たして!

いやーー帰らないでほしいけどな・・・とはいえNYにずっとって仕事もろくにないし難しいよね

 

65話 本屋という選択
もはやレギュラーのきみちゃんエピ
アパレルを止めて本屋をやろうと考えてリサーチで京都へ
インスタに上げた写真に反応した大学の友人から連絡があり朝ごはんすることに

このインスタに上げたら、連絡きちゃうくだりリアル(笑)

 

 

ゲ・・・・ってきみちゃんの反応も面白かったです
来てほしくない人から連絡くるんだよなー

でもいざ会って話してみるときみちゃん、結構楽しんでましたね

「見下し方も嫉妬の仕方もお互い変わってきて歳を重ねるのっていいもんだな」

その後大学のサークル飲みに顔を出し、本屋をやるというのがわかると
男たちから否定的な言葉が・・・

「そもそも女って ちゃんと本読めんの?」

はあああ?これはきみちゃん殴っていいよ

 

最後は地元郡山の家の近所の本屋が閉店するってことで
そこで自分の本屋をやることにする

同じサークルだった邊見くんとインターン先で遭遇し
ラノベを手渡されるとこもよかったなーー
純文じゃなくラノベで才能が花開くって素敵じゃないっすか

 

66話 新しい職場
菅谷と一緒に働くことにした典子

手術で感じた孤独を背負ってヤケクソ感ある(笑)

福岡にふたりで出張するシーンは名古屋での出張エピを思い出させました
あの時楽しそうだったなー
でも菅谷なんか今はほんと別人や・・・

でもちょこちょこ思わせぶりな言動があるんですよね
「最近見つけて佐藤さんと来ようと思って 昔みたいに」

とか飲み屋で肩に手をやるとか
もうねその気がなきゃセクハラですよ!菅谷

典子はそれには気づかず?達観モードだしな

もう昔の2人じゃない
恋人じゃないけど毎日一緒にいて
家族みたいな親友みたいな関係
もっと早く気づけばよかった
気づいてたら
もっと違う今があったかな?

 

 

 

ふたりはもう無いんだなーって思いきや
ラストシーンで典子のインスタにあがったさちの姿で
菅谷がNYで別れ話をしていたのだと気づいて涙
「これも必然なの? どうして私から離れてくれないの? 菅谷」

いやーーーあのNYの話がここで繋がりますかーーー
こうなったら絶対に菅谷とくっついてほしいです!

13巻は各キャラの転機が盛りだくさんでした
切ないエピが多かったけど、でもやっぱり読み応えありました。何度も読みかえしたくなる!

 

いつかティファニーで朝食を 14巻へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。