漫画 BUNGO ブンゴ 最新 117話 感想 ネタバレ注意 吉見パイセンに泣かされる

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第117話「託された思い」を読んだ感想です。あらすじにも触れているのでネタバレ注意です。静央のエースナンバーはどちらの手に? 紅白戦、野田の3ランで絶体絶命のBチーム。逆転できるのか?

 

 

117話の続き、BUNGO 最新第118話のネタバレ感想はこっち

前話、BUNGO ブンゴ第116話のネタバレ感想はこっち

BUNGO 第116話 振り返り

 

BUNGO 第116話 あらすじ

静央紅白戦、野田を相手に文吾は最高の投球を見せる

しかし野田は文吾から3ランホームランを奪い、Aチームが遂に逆転する

 

漫画 BUNGO ブンゴ 最新 117話 感想

 

間瀬が活躍
紅白戦前から存在感が急に増した間瀬が出塁でワンアウト・三塁
前回の野田ショック冷めやらぬままピンチが続きます・・・・

間瀬は文吾の限界が来るのを待ち構えてたとか、策士ですねー


野田のホームランで緊張の糸も切れたか?
身体も精神も限界が近い!!
今ならば1年生でも充分打ち崩せるよ・・・!!

 

 

 

間瀬の後もピンチが続きそう・・・
どう立て直すんだろうかと考えていましたが、ここで吉見パイセンきました~!!!

 

吉見パイセンに気づく文吾

 

てっきり登場して直ぐにもう気づいていたもんだと思っていました・・・
ガタイのいい男が3人並んでるけど誰も気づかなかったのか(笑)
どこかで絡みがあるだろうというのは予想できましたが、この大ピンチで絡みがあるということは
少なくともこの回は追加失点0で抑えられそうですね

 

吉見かっこよすぎ。泣いちゃう。

 

吉見たち3年の引退試合となってしまった宮松戦の後の様子が回想シーンとして描かれましたね
感動的でした。吉見パイセン、アニキ感半端なかった。

 

俺だけはハッキリ言ってやるよ
何だ・・・今日のピッチングは・・?

 

文吾も直ぐにパイセンの言葉の意図を理解して責められながら涙・・・ここはうるうるキました。。。

 

ああ・・・そうか・・・・
吉見先輩は何度も直面してきたから
全部分ってくれているんだ
責められた方がまだ・・・ほんの少しだけ・・・・
気持ちが樂になれる事を・・・!!

 

 

 

ここだけでもかなり名シーンだと思うんですが
続いて吉見からグラブを託されるわけです・・・ウルウル

「やる訳じゃない 今日の事や静央の1番の事・・・全て分かったら返しに来い」

しかもそれが甲子園のグラウンドに辿り着くはずとか・・・!!
よしみーーー!!
これで投球も復活間違いなし、来週は安心して読めそうですけど
瑛太から得点できるのかな・・・米村頑張って!(笑)

 

BUNGO 第118話へ続く
 

2 thoughts on “漫画 BUNGO ブンゴ 最新 117話 感想 ネタバレ注意 吉見パイセンに泣かされる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。