漫画 BUNGO ブンゴ 最新 118話 感想 ネタバレ注意 文吾覚醒!?

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第118話「立ち直り」を読んだ感想です。あらすじにも触れているのでネタバレ注意です。野田に3ランを浴びてからもピンチが続く文吾だったが、試合を見に来ていた吉見先輩に気づいて・・・

 

 

118話の続き、BUNGO ブンゴ最新第119話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ第117話のネタバレ感想はこっち

BUNGO ブンゴ 前話 第117話 振り返り

 

BUNGO ブンゴ 117話

静央紅白戦 野田につづいて間瀬も3塁打で出塁

ピンチが続く文吾だったが、吉見が試合を見に来ているのに気づき吉見の引退試合となった試合後を思い出していた

 

117話は本当に泣けた・・・吉見パイセンと文吾の試合後のグローブのエピ・・・反則っしょ!!(泣)

 

漫画 BUNGO ブンゴ 最新 118話 感想

 

今週もセンターカラーでした!
ちょっと前もセンターカラーだった気がするんですけど!!嬉しい
今回は野田が打つ瞬間を描いたセンターカラー、躍動感たっぷりです!!

 

超絶ピンチだったブンゴですけど、吉見パイセンの姿を見て気合十分
身体からなんか黒いの・・・気合がにじみ出てましたね(笑)

小谷野をスローボールでピッチャーゴロで抑えて
その後の尾野なんて2/3ページでサクッとやっつけたことになってて
さすがに1年ふたりちょっとかわいそうだったw

 

 

ただスカウトの荒川も言ってましたが3点差を5回表から取り返すのは至難の業ですね・・・
文吾だけじゃなくって瑛太も吉見と鮎川兄の姿でやる気出ちゃってて止まらない感じです!

 


超えて征く
2人ですら叶わなかった・・・
静央の悲願!!
全国制覇を達成して劣等感と羨望を超えて征く!!
1番を背中に抱いて・・・!!

 

瑛太やっぱかっこええ!!

 

で巡り巡ってまたまた袴田 VS 文吾
文吾はランナーいないのにセットポジションを取ることでクセが出ないように投げていた・・・!!だと…
クセなんて出てましたっけ?もう既に記憶無い(笑)
クセに気づかれていたことに気づく文吾、ホント冴えてますね
無事に袴田をアウトにして、次は真琴です!!

Aチームもさすがに覚醒した感のある今の文吾から追加点は厳しそうです
問題は米村しか打てる人がいない・・・Bチームでどうやって2点差をひっくり返すかですね・・・

 

BUNGO ブンゴ第119話へ続く

 

 

 

2 thoughts on “漫画 BUNGO ブンゴ 最新 118話 感想 ネタバレ注意 文吾覚醒!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。