漫画 BUNGO ブンゴ 最新 121話 感想 ネタバレ注意 静央紅白戦Bチーム最後の攻撃

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第121話「ぶった斬り」を読んだ感想です。あらすじにも触れているのでネタバレ注意です。静央紅白戦、野田との勝負を制した文吾。遂にBチーム最後の攻撃が始まる

 

 

121話の続き、BUNGO ブンゴ最新第122話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 第120話ネタバレ感想はこちら

漫画 BUNGO ブンゴ 前話 120話 振り返り

 

BUNGO ブンゴ 120話 ネタバレ

静央紅白戦、野田との再勝負。文吾はカーブを決め球に野田を三振に抑える

文吾と米村たちBチームは遂に最後の攻撃回を迎える

 

漫画 BUNGO ブンゴ 最新 121話 感想

 

エースの座をかけた静央紅白戦もクライマックスですね
3-1でBチームが2点を追う展開です

 

 

 

震える袴田
文吾の”カーブを決め球にする配球”の完成型となった野田との勝負
袴田が思わず「吉見」と先輩を呼び捨てにしちゃってましたけど
それくらいすごいことだったんですね、野田との勝負で見せたカーブは。。。

野田の第2打席・・・
あの時にこれが
完成していたとしたら

(Bチーム1 - Aチーム0 のスコアボードが目に浮かぶ)

有り得た・・・・十二分に
静央の歴史が
本当に変わっていたのかも知んねえ・・・!!

 

この袴田のモノローグ、「有り得た」のトコで「ブルッ」って震える描写入ってた
思わずニヤけちゃいました。

 

富士ヶ丘シニアの河村も食べながら頬を紅潮させてましたね
目がヤバかったです。もはや中学生じゃない(笑)歩いてたら捕まるレベル

 

 

 

Bチーム逆転ムード
野田を三振に抑えてからのBチーム、最後の攻撃
Bチームの皆が盛り上がっててお祭りムードが伝わってきました

・・・米村と文吾以外しらないけど!(笑)

このままもしかしてBチームは米村と文吾以外目立った存在が出てこないまま終わるのでしょうか
なんだかもったいないですよね
静央はタレントの宝庫なはずなので、ふたり以外に実はBチームにすげーやつがいる展開来て欲しいなー
グレてる強打者とかどうですかね? 間瀬みたいに突然出てきても全然違和感ないと思う(そうか?w)

 

試合は米村がヒットで出塁、そして文吾 VS 瑛太
この時は野田監督までも逆転を期待する表情を見せてましたね。高まる緊張感
バッターボックスに立つ文吾の周りの怒号の描写がかっこよかったです

吉見先輩からのバッティングアドバイスを思い出しながら
瑛太の初球をぶった斬った文吾

 

 

果たしてボールはどこ飛んでったんでしょう!!??
次回ホームラン期待して良いんですか!?
まさかの同点打?

紅白戦が仮に同点になったら、延長戦なのかなー?
それとも戦力に劣るBチームが同点だって時点でBチームの実質勝利てきな?

逆転を信じたい気持ちはありつつも、袴田が「静央の歴史が本当に変わっていたのかも知んねえ」って
変わってない前提のような言い方してるのが気になりました
考えすぎかもしれませんが、やっぱり歴史は変わらなかったって伏線なのかな・・・・・

 

ブンゴ BUNGO 第122話へ続く
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。