BUNGO ブンゴ 最新 122話 感想 ネタバレ注意 静央紅白戦 文吾の執念

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第122話「限界突破」を読んだ感想です。あらすじにも触れているのでネタバレ注意です。静央紅白戦、Bチーム最後の攻撃、瑛太の投球をぶった斬る文吾の一振り! ボールはどこへ?

 

 

122話の続き、BUNGO ブンゴ最新第123話のネタバレ感想はこちら

前話 BUNGO ブンゴ 第121話のネタバレ感想はこちら

前話 BUNGO ブンゴ 第121話 振り返り

 

BUNGO ブンゴ 第121話 ネタバレ

静央紅白戦、Bチーム最後の攻撃。米村は出塁する

続く文吾は吉見のアドバイスを思い出し、瑛太のボールをバットでぶった斬る!

 

BUNGO ブンゴ 最新 122話 感想 ネタバレ注意

 

センターカラーでした。センターカラーだとは知らずに買ったので何だか得した気分です。
まだ余裕を感じる文吾の投球シーンが扉絵でした
足首が意外と細く見えた(笑)

122話はセンターカラーの煽りがバッチリはまる神回でしたね!!
「勝利への執念で 歴史を変える時!!」

 

 

 

乱れるAチーム・・・間瀬?ですかね?
文吾の打球、一瞬ホームランかと思うくらい飛びました!手が震えました

キャッチしたかに見えた打球がグラブからこぼれるシーン
これ、こぼしちゃったのって間瀬なのかな?
いや・・・でも違うような気がするし・・・

返球は乱れて真琴の頭上を超えてしまい
その間に米村がホームインしました。
この返球乱れるところもモブキャラ?なのかなw今まで出てなかった選手でしたね

 

「文吾さんストップです!!」
3-2の一点差、文吾が3塁で122話は終わりかと思ったら・・・

文吾ハンパなかったです

Bチームのランナーコーチが野田の返球を警戒してストップって言うのを完全に無視でしたね
ここ、ほんと面白かったです
このランナーコーチの子、ショックだろうなw

まさに文吾の執念を感じました
Bチームの選手たちは勿論、野田と袴田もめちゃ驚いたと思うけど
こういうシーンってアウトって言われるんだろうなって先回りして諦めながら読み進めてたので
最後の「セーフ・・・」の一言に震えた

 

 

文吾が倒れて「はーっ はーっ」ってバテてるのリアルでしたね
122話は文字がほとんどなく、緊迫感が伝わるド迫力な回でした。
文吾はここで同点にしなきゃ後がないって判ってたんですね。

Aはの勝利をほぼ確信していたかのような吉見と鮎川パイセンはどう感じたんですかね?
河村は頬を赤らめて興奮してそう(笑)

 

Bチームはまだノーアウトですので、攻撃が続きます
しかし他の選手は全くこれまで活躍していないんで不安ですねー。まさかのBチーム新キャラこないかなーw
ここまで全く活躍していないBメンバー、文吾のスーパープレーで火が付いてなんとか追加点となるのでしょうか?
まさかの瑛太のメンタルがやられちゃうパターンでしょうか?
だとすると見るの何か辛いな・・・瑛太変わってるけどヤなやつじゃないし。

それともサクッと攻撃は終わり、同点のままAチームの最終回ってことかなー?
だとするとBチームが負けちゃうパターンな気もする・・・

あぁ・・・紅白戦アツすぎます。

 
ブンゴ BUNGO 第123話へ続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。