BUNGO ブンゴ 最新 128話 感想 ネタバレ 文吾のど真ん中直球はまさに魔球だ

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第128話「一騎打ち」を読んだ感想です。あらすじにも触れているのでネタバレ注意です。静央紅白戦延長戦、野田相手に繰り出した新球、文吾はノーアウトランナー2,3塁のピンチを切り抜けることは出来るのか?

 

 

128話の続き BUNGO ブンゴ 最新129話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO127話のネタバレ感想はこちら

 

前話 BUNGO ブンゴ 127話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 127話 ネタバレ

静央紅白戦、延長にもつれ込むも文吾はもはや体力の限界

ノーラン1,2塁でバッターボックスに迎えたのは野田

文吾は米村が捕れないリスクを犯しつつ、野田に新しい球を放つ

パスボールとなってしまうも、野田は新球に寒気を覚え震える。パスボールの隙にランナーは2,3塁へ

 

BUNGO ブンゴ 最新 128話 感想 ネタバレ

 

2017年最後のBUNGO
今年は今やってる紅白戦が断トツ面白かったですよね。くすぶってた時代をくぐり抜け、ようやく手が届きそうになったエースナンバー
見事瑛太を押しのけて、1番を手にすることが出来るのか?2018年も楽しみです。

センターカラーの扉絵は真琴
なんだかいつものカラーよりアニメっぽい。来年アニメ化とかされたらとか想像するとワクワクしますねー

 

 

 

二年前以上の衝撃
文吾が投げた球が2年前の上本牧戦以来の衝撃じゃね?って吉見パイセンが驚く所からスタートしました

上本牧戦とか懐かしいな・・・・

 

米村頑張る
文吾の新球を前に震えながらも頑張る宣言する米村
健気です! 震えてるのに・・・泣ける

ブンゴさんは今まで・・
僕に気を使って投げてなかったんですね・・・
初めてです捕手になってから・・・震えるほど怖いと感じたのは・・!!

 

その後は新球をなんとか前に落とすことはできてました
袴田だったら捕れるのかな、袴田も「完璧に投げられた時には俺でも捕球が難しい」って言ってたし
どんな球だよ・・・・

 

新球はど真ん中直球
袴田が解説してくれて少しスッキリしました(笑)

・常軌を逸した変化(ノビ)をみせる
・ダルビッシュのスライダー/田中将大のスプリット/ジャンセンのカットボールと同じカテゴリー
・他の変化球と違って見逃せば絶対ストライク判定

袴田さん、解説ありがとう
すごい球だということがわかった気がします
ちょっと投げる時「ビキキッ」、「ミシッ」とか音がしてるので文吾の身体が持つのか心配です
監督ストップとかありえる? あと急に「痛ってーーー」とかなりそう

 

 

 

立場逆転
米村も言ってましたが、野田も実は文吾が本気出してなかったのに気づく

とんだ勘違いヤローだな!!
何が”上がってくるのを待っててやる”だ
石浜・・・てめーはすでい上がって来ていた!!
俺の想像を越えた境地にまで・・・!!
俺の方だったか・・・
相棒に相応しいかどうかを示す必要があるのは
俺の方だった!! 
この打席で・・・

 

かなりの胸熱発言ですけど!!!
野田が火ついちゃった・・・
それまでは2ストライクまで追い込んだんでアウト行けるだろって思ったけど
これは打たれるような気もしてきました

紅白戦は負けちゃうけど、文吾のこの球を見た瑛太がエースナンバーを自ら辞退するって展開なのかな
瑛太がまだどう思ってるかの感想は聞けていないし(びっくりした目だけ)。
瑛太、びっくりしてるかなー
野田パパも、あと肉まん河村もどう思ってるか知りたい

このまま年を越すのか・・・・・
気になるやろーーーーー

 

BUNGO ブンゴ 129話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。