BUNGO ブンゴ 最新 137話 ネタバレ 感想 柿谷 VS 文吾

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第137話「好機」を読んだネタバレ感想です。明かされた元キャプテン柿谷の過去。愛する吉見のために上級生に奮った暴力で謹慎処分だった柿谷。卒業後、再度文吾の元へやってきた柿谷の目的は?

 

 

137話の続き、BUNGO ブンゴ 最新138話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 136話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 136話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 136話 ネタバレ

3年生から嫌がらせを受けていた吉見に気づいた柿谷は退団届けを監督に出してから先輩に報復する

吉見と文吾の練習に乱入した柿谷、木の上で文吾と吉見について熱く語り合う

現在、文吾の成長ぶりを見ようとグラウンドへ向かった柿谷。文吾はマウンドに立つ。

 

BUNGO ブンゴ 最新 137話 ネタバレ 感想

 

柿谷の現在
柿谷VS文吾の前に
柿谷の登場に驚く静央メンバーから次々と柿谷の今が明かされました

・青森真田高校に進学し寮生活
・青森真田では1年秋から4番
・今春の選抜甲子園で1回戦敗退するも2本ホームランを打つ
・今やプロも注目する強打者

 

柿谷パイセンすげーーー
甲子園デビューも果たされて、もう後はプロ入り待つ感じでしょうか
ぶっ飛んでるけどやっぱ高校でもすごいやつなんですね。

 

 

 

柿谷VS文吾
柿谷先輩から3打席いただけるということになりまして
文吾VS柿谷がついに始まりました

「お前の2年間 全部魅せてみーや」

3打席の3を指でいちいち表現するシーン…文吾の表情から柿谷のヤバさが伝わります

そして文吾もノリノリです!

知りたい・・・
見て欲しい・・・
俺の現在地を!!
柿谷さんだからこそ・・・!!

 

いきなり3球見送り三振!!
続く2打席目、文吾も勢いに乗ります

紅白戦の時のいい感覚が続いてる・・・
この感覚が自信に繋がっている
好機だ・・・
柿谷さんを抑えられたら
きっと変わる!!
この自信は
確信に変わる

 

 

 

文吾の主役感ハンパねーー
けど、これってまさかの…っておもったらやっぱりーーー!!!

「きええ!!!」

きええ!!!いただきましたーーー

そしてホームランやーーーー

「なんや石浜・・・ワイのオモイチガイやったんか・・・?」

 

まさかのワイ使いだった柿谷パイセン
1打席目は完全に見極めだったのか・・・
文吾の2打席目前のモノローグが完全に恥ずかしい落ちになってるじゃないですか・・・ヒドイですよ柿谷先輩。

文吾おそらく1打席目はど真ん中直球使ってなかったような気が・・・
カーブとストレートだけで、ど真ん中直球はなかったですよね?
やっぱ疲れ残ってんのかな
柿谷前にしてど真ん中直球で勝負しない理由って何なんでしょうか

次回、138話は残り1打席
残り1打席、ここは無理してでもど真ん中直球で勝負しないと柿谷パイセンに失礼だと思います!!
キャッチャー交代ですか?やっぱ米村がいいですか?
柿谷がゾクゾクして高揚するとこ見たいです!

 

BUNGO ブンゴ 138話へ続く
 

 

 

2 thoughts on “BUNGO ブンゴ 最新 137話 ネタバレ 感想 柿谷 VS 文吾

  • 2018年3月15日 at 2:52 AM
    Permalink

    いつもネタバレ早くて嬉しいです。雑誌でも追ってるんですが、BUNGOだけは早急に展開を知らないと落ち着かないので。

    柿谷面白くて格好良いですよね!

    Reply
    • 2018年3月15日 at 5:36 AM
      Permalink

      柿谷はぶっ飛びすぎてて最高です!他の漫画から来たキャラじゃないかと思うくらいです(笑)

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。