BUNGO ブンゴ 最新 144話 ネタバレ 感想 万能の神 吉見

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第144話「狼煙」を読んだネタバレ感想です。青森真田 VS 翔西、下川の好投も理屈の通じない柿谷の前では役に立たず。逆転を許してしまった翔西、マウンドに立つのは吉見。見つめる視線の先には・・・文吾が!

 

 

144話の続き、BUNGO ブンゴ 最新 145話のネタバレ感想はこちら

前話 BUNGO ブンゴ、143話のネタバレ感想はこちら

 

前話 BUNGO ブンゴ、143話 ネタバレ

 

BUNGO ブンゴ 143話 ネタバレ

青森真田 VS 翔西 練習試合で下川が青森真田打線を4回までゼロ点におさえる好投

しかし柿谷は下川を捕え、満塁スリーベースでランナー一走。続く青森真田の打者がフライ。タッチアップから柿谷が追加点

翔西は下川に代わって、吉見をマウンドへおくる。吉見はマウンドでバッターボックスではなく文吾を見つめた

 

BUNGO ブンゴ 最新 144話 ネタバレ 感想

 

いやーーー久しぶりの連載再開!
GW挟んだせいもあってか超絶久々な気がします

 

 

 

目で語り合う
マウンドにたった吉見は文吾を見つめる
ふたりは視線の合わしたまま、目だけで会話する

って・・・いきなりすごい展開なんですけど(笑)

2年間吉見にあこがれて、自分なりにやってきたつもりだったがそれが全て間違っていたという文吾に
吉見は目で語る

見えなかったな
少なくとも俺には
あの紅白戦の時点では
そうは見えなかった
憂慮もしたがそれ以上に胸が踊った
もしお前が全てをコントロールできたのなら
アレを自在に操れたのなら
俺では辿り着けない
お前だけの1番を体現できる!!

 

吉見さんかっけーー
投球前になんかすいません・・・気を遣っていただいて
言葉は発しない、視線だけのサシトーク、アツかったっす

 

万能の神、吉見
文吾のケアだけじゃなくマウンドでも仕事をこなす吉見パイセン
選手たちに声をかけ、ヤル気スイッチを押す!
あえてさっきミスしたショートの選手にボールを集め、挽回のチャンスを与えて
またまたヤル気スイッチを押す!!
「そういう事かよ吉見・・・これじゃあ タッチアップのミスを気にしてるヒマねーわな!!」

言葉じゃなくプレーで挽回させ自信を取り戻させる吉見、素敵です

 

 

 

サクッと青森真田の攻撃を抑え
バッターボックスに入る吉見

それよりも・・・一刻も早く上げましょう
反撃の狼煙を・・・!!
まずは俺が必ず出塁します・・・

 

有言実行・・・で
なんと初球をホームラン!!

なんて二刀流!!!大谷翔平かよ!

これで青森真田に早速1点差と迫りました
吉見が入るだけでもの凄いチームに変貌した感があります
ていうか吉見がすごすぎます、選手たちのモチベも上げて、投げてよし、打ってよし。まさにGOD!
野田も投球には感服してましたが、まさかバッティングまでレベルが上がってるとは

コレ見て文吾もバッティングに目覚めるんでしょうかね
文吾なんだかんだ吉見に元気つけてもらって良かったです

 

BUNGO ブンゴ 145話へ続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。