BUNGO ブンゴ 最新 166話 ネタバレ 感想 上本牧戦 砂川の足でピンチ

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第166話「スピードスター」のネタバレ感想です。関東大会三回戦、上本牧戦。ノーヒットノーランへの期待が高まる文吾の投球。対する下川も下位打線を三者連続三振に。

 

 

166話の続き、BUNGO ブンゴ 最新167話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 165話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 165話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 165話 ネタバレ

関東大会、三回戦。上本牧対静央。文吾は上本牧の7番、沼袋を三振に抑える

5回表を無失点に抑え、これで4者連続三振に。湧く観客達、しかし文吾は至って冷静に自分の投球を見つめ直し反省

対する下川も静央下位打線を三者連続三振に抑える

ノーヒットノーランへの期待高まる中、続く6回表、砂川は何でもいいからバットへ当たれと振り抜く

なんとかボールに当てるが打球は野田の正面へ。しかし野田は痛恨のミス。出塁した砂川。文吾はピンチを乗り切れるか

 

BUNGO ブンゴ 最新 166話 ネタバレ 感想

 

砂川の足と勝負
野田のミスで出塁した砂川
左投げの文吾なら一塁走者を目視しながら投球に入れるから
砂川といえどそうそういいスタートは切れないだろうと袴田は考えていたが
砂川は初球からいきなり2塁を狙う

 

 

砂川の動きを読んでいた袴田はバッテリーを外し
2塁へ送球するも、間に合わずセーフとなる

「やっと近づけたぜマコト・・・・♡」

「フッ良かったら長居していけよ この回が終わるまで・・・な」

 

真琴かっこいいんですけど、サラッとこんな返しできるなんて!!(笑)

 

2球目のモーションに入った瞬間に砂川は三塁へ
砂川にとっては左投手なら二塁より三塁の方がカンタンだった

 

この足の速さヤバスギますね。塁に出したら厄介過ぎる

 

静央のメンバーにプレッシャーがかかる

文吾はこの感じ、この状況は紅白戦の7回に袴田に投げた時に似ていると思いだしていた
バッターボックスの田無相手に文吾はリラックスした様子で投球
そのスピードに田無は驚く

「力感が全く無いのに・・・体感速度は一番速い!!」

最後はカーブで見逃し三振に捕らえた文吾
河村は投球を分析し興奮する

全力脱力→リリース時だけ一気に力を開放
どこまで上がっていくんだい・・・石浜君!!

 

 

 

あれ?河村また肉まん?食べてる・・・・

今日イチのピッチングを見せた文吾、ほんとにノーヒッターやっちゃいそうですね
尻上がりに調子を上げる文吾、全く不安要素なし!

 

スカウト陣はノーヒッターが現実味を帯びてきたが
静央が得点するには野田の復調が必要だと考えていた

しかしベンチでは監督が野田に交替を命じていた

「ユキオ! お前ここで交替だ」

 

まさかの野田交替ですかーー
米村ですよね?きっと・・・米村なら下川から打ってくれるはず。

野田の不調からするに当然なんですけど、野田のプライドにヒビ入らないか心配です
それとも野田、粘りの交渉で次打席はもらえるのでしょうか?

 

BUNGO ブンゴ 167話へ続く
 

 

 

“BUNGO ブンゴ 最新 166話 ネタバレ 感想 上本牧戦 砂川の足でピンチ” への4件のコメント

  1. 更新ありがとうございます。

    文吾の状態が良いので心配はしていませんでしたが、難なくピンチを切り抜けましたね。
    現状、打撃も守備も期待できないから野田交代も納得です。けれど、捕手の米村がショート守れるのか心配……他の誰かですかね?

    1. コメントありがとうございます!

      米村・・・そうか守備に不安が残りますよね・・・・となるとモブキャラに交替ってことでしょうか。それもなんだかなぁですよね

  2. やはり野田交代でしたね しかし誰がショートを守るのか逆に見ものですね
    ブンゴが覚醒してきましたね! まあ野田がいなくなることで逆に燃えてくれたらうれしい

    1. 野田の交代予想お見事でした!文吾がその分たしかに燃えてくれそうですね。得点するのも文吾だったりして(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。