BUNGO ブンゴ 最新 170話 ネタバレ 感想 上本牧戦 野田最後の打席

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第170話「ベストスイング」のネタバレ感想です。関東大会三回戦。上本牧戦。両チーム無失点のまま6回裏。延長だったらおそらく敗けちゃう静央、ランナー1,3塁でバッターボックスには野田が立つ。

 

 

170話の続き、BUNGO最新171話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 169話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 169話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 169話 ネタバレ

野田への打席を回すべく袴田はフォアボールで出塁。続く真琴は初球をヒットに

早めに走り出していた袴田はそのまま3塁へ。ノーアウトランナー1,3塁でバッターボックスには文吾

狙い通りの犠牲フライだったが、田無がレーザービームでバックホーム

バッターボックスには4番野田が。野田は出場を許可してくれた父とメンバーたちへ想いを馳せた

 

BUNGO ブンゴ 最新 170話 ネタバレ 感想

 

野田、渾身の・・・
バッターボックスに立った野田は自らの身体を信用する

「信じるぜ お前ならきっとこの状態での ベストスイングを導き出す」

文吾とは真逆、絶対零度の雰囲気を纏った野田を前に下川は初球を投げる

 

し。。。下川が白目だ・・・(笑)

燃え滾る文吾に絶対零度の野田
なるほど、こういうコンビ設定わかりやすくていいですね。カラーだと映えそうです!

 

 

 

野田の身体は初球に反応
野田は反応するままに身を委ねる

「さすが・・・俺の身体・・・!!」

バットにボールが当たった瞬間、肩に痛みが走る
左手をバットに添えるだけにしてほぼ右手だけで振り抜いた

野田のベストスイングは左中間真っ二つの長打コースとなった

その間袴田がホームイン
真琴も続くが諸星がバックホームでアウトとなる
野田は二塁へ

湧く観客席、そして静央ベンチ

 

まさか初球から打ちにくるなんて思いませんでした
下川とのにらみ合いが続くのかと思ったんですけど
ほぼ右手一本で打抜く姿はシビレたーー

肩を痛そうにしてるのが気になりました
上本牧に勝っても次出られるのでしょうか

 

続く間瀬は諸星の鉄壁の守りの前にアウトとなる
ベンチへ戻る上本牧メンバー
その道すがら、落ち込んだ様子の下川に砂川や諸星が声を掛け励ます

静央は野田に代わってショートに袴田
キャッチャーに米村が入る

 

 

メンバー交代を聞き
諸星はまだつけ入る隙があると諦めていない

 

諸星、いいキャプテンですね。
上本牧互いに信用しあってて良きチームです。

 

文吾は米村にいつもどおりやれば大丈夫だと声をかける

「配球は考えなくていい・・・!ど真ん中にだけ 構えててくれ・・・!!」

 

くるか?ど真ん中直球?文吾がぴっちり抑えて最後の上本牧の攻撃となるのでしょうか
でも米村だと若干心配です(笑)

早くも紅白戦コンビが復活ですね
米村には活躍してほしいので文吾だけじゃなく米村にも見せ場を期待です!

ラストシーンの文吾ドアップはカラーだと燃え滾る炎の赤なんだろうなー

 

BUNGO 171話へ続く
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。