BUNGO ブンゴ 最新 186話 ネタバレ 感想 富士ケ丘戦 真琴の進路

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第186話「今ここ」のネタバレ感想です。静央 対 富士ケ丘。富士ケ丘の下位打線相手に瑛太と袴田は瑛太の新球を完成させる、ジャイロ・スライダーを前に三振となる富士ケ丘打線。文吾は瑛太の成長に刺激を受ける

 

 

186話の続き、BUNGO ブンゴ最新187話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 185話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 185話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 185話 ネタバレ

静央対富士ケ丘戦、富士ケ丘の下位打線相手に瑛太と袴田は新球を完成させようと試行錯誤

スカウト陣は瑛太が調子を崩したのかと案ずる、家長もメンタルかと不安がよぎるが瑛太は新球のジャイロ・スライダーを完成させた

河村は瑛太の新球をイメージしたまま目の前で手を合わせる儀式を行うが・・・手は目の前で微妙にずれた

 

BUNGO ブンゴ 最新 186話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラー
扉絵は制服姿の真琴と珠希のツーショット

 

 

 

静央 対 富士ケ丘
碓井 対 袴田

袴田は内野ゴロに終わり、ワンナウト
ベンチに戻った袴田は一巡目よりも特にストレートがキテると報告
文吾は次の真琴には伝えないのかと訊くが、袴田は真琴なら全て理解した上で対応する術を持っていると信頼する

バッターボックスに立つ真琴は守備位置につく珠希に目をやり
先日ふたりで卒業後の進路について話した時のことを思い出していた。

 

扉絵のふたりの対決?が見られるんですね!

 

卒業後は女子野球部の名門である東京の高校へ行くことに決めたという珠希に対し
真琴はまだ全然と言葉を濁す、珠希は真琴は女子プロを目指さなきゃもったいないと必至に説得する

休み時間
屋上で一人佇む真琴
そこへ文吾が野球の本を読みにやってくる

 

 

 

教室だと袴だと野田にめっちゃイジられるって笑えました
中学生ぽい

 

真琴は文吾にプロを目指しているのかと訊く
文吾はプロどころか甲子園のこともよくわからない
けど、野田や吉見さんみたいな凄い人たちが集まる場所で全てを賭けて闘いたいのだと応える

真琴は迷いがない文吾は凄い、自分は迷ってばかりだと言う
文吾は迷いがあろうがなかろうが関係ない
真琴の壮絶な練習を見れば誰よりも今に懸けているのが伝わると励ました

 

文吾優しい・・・真琴って文吾のことまだ好きなのでしょうか
って・・・せっかく本読みに来たのに!(笑)

 

真琴は碓井の球を捕らえる
ボールは珠希と河村の三遊間を抜ける

 

 

真琴のバッティングに感心する珠希
やっぱり真琴は上を目指すべきだとつぶやく

静央ベンチの間瀬たちはここからは自分たちの仕事だと闘志を燃やした

 

次回はまってました!ついに間瀬タイムですかー?
お笑い以外で間瀬の活躍が久しぶりに見たい!

 

静央 対 富士ケ丘
一回 1 – 2
二回 0 – 0
三回

 

BUNGO ブンゴ 187話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。