BUNGO ブンゴ 最新 187話 ネタバレ 感想 富士ケ丘戦 碓井 対 間瀬

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第187話「覆す」のネタバレ感想です。静央 対 富士ケ丘。好調な碓井を前に追加点が獲れない静央。内野ゴロに終わった袴田に続くのは真琴。碓井の球を捕らえる。ボールは珠希と河村の三遊間を抜けた。

 

 

187話の続き、BUNGO ブンゴ最新188話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 186話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 186話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 186話 ネタバレ

静央対富士ケ丘戦、富士ケ丘、好投を続ける碓井を前に袴田は内野ゴロに終わる。

続く真琴は守備位置につく珠希を見つめ、卒業後の進路について話した事を思い出していた。悩む真琴は屋上で真っ直ぐな文吾の言葉に感心する。

真琴が打ち返したボールは河村と珠希の間を抜けヒットとなった。

 

BUNGO ブンゴ 最新 187話 ネタバレ 感想

 

静央 対 富士ケ丘
ベンチで松丸は送るかと監督に訊く
野田監督はバカなことをと応じ
間瀬をこの代のチームになってからずっとクリーンナップに名を連ねてる強打者だと評す

 

 

 

間瀬は監督の期待に「イエス・サー」と応えつつも
バッターボックスでいつもの野田の後の5番から
3番に変更されたことについて思いを巡らす

間瀬は野田との勝負を簡単に避けさせないという
重責を担う5番打者という仕事を全うしてきた自負があったが
それを文吾に奪われてしまい、奪い返さなければと考えていたのだった

 

間瀬、5番バッターお気に入りだったのですね!!
まさかの文吾をライバル視?していたとは・・・
文吾意外?にウチますもんねー

 

対する碓井は1年の頃憧れだった先輩たちが27-0で静央に敗れるのを目にしてから
妥当静央を誓い努力をしてきたことを思い出していた

 

 

 

中1の碓井、かわいいですねー
確かに中1の頃の中3ってデカく見えましたよね!

じゃんけんで敗けても泣くってストーリーに笑ってしまいました

 

碓井の熱意に感化され皆浦も一緒に筋トレでカラダづくりに励んだのだった

碓井の初球を打ち返す間瀬
しかしレフトフライに終わってしまう

悔しがりベンチに戻ろうとする間瀬に野田が感情を顕にするなんて珍しいと声をかける
「トップの位置だよ よく見てろよ・・!」と続けた

 

間瀬ーーーー!!期待したじゃんね
でもその後の碓井の過去エピのほうが確かにアツかったのでしょうがないか・・・

 

 

なんだか碓井、気づけば強敵になってますね
河村だけ、いや河村+珠希ちゃんのチームだと思いきや
思わぬ伏兵でした

この勢いで野田もやられちゃいそうですけど
トップの位置ってなんのことかとおもってググったら、スイングを開始する位置のことなのですね
野田が対碓井のお手本を見せてやるって意味なのかな??

 

静央 対 富士ケ丘
一回 1 – 2
二回 0 – 0
三回

 

 

BUNGO ブンゴ 188話へ続く
 

 

 

“BUNGO ブンゴ 最新 187話 ネタバレ 感想 富士ケ丘戦 碓井 対 間瀬” への2件のコメント

  1. 間瀬ってひっぱるだけひっぱって あっさり凡退するイメージしかない(笑) 
    しっかしブンゴは人気者ですね 間瀬がブンゴのことよく思ってないのはきっと天才だとわかってるのにそれを認めたくない男のプライドなんでしょうね。 とくに思春期ならなおさらで面白い

    1. コメントありがとうございます!
      間瀬の件、超同意です(笑)
      いいキャラしてるのに・・・活躍しなくて残念すぎます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。