BUNGO ブンゴ 208話 ネタバレ 感想 富士ケ丘戦 小谷野に続き袴田

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第208話「責任」のネタバレ感想です。静央 対 富士ケ丘。7回表の静央の攻撃。ワンアウトランナー2,3塁のチャンスに小谷野。U-12時代の天真爛漫で自由奔放な小谷野が戻り、碓井の3球目を捉えた。

 

 

208話の続き、BUNGO最新209話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 207話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 207話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 207話 ネタバレ

静央対富士ケ丘戦、七回表静央の攻撃。ワンナウト、ランナー2,3塁

バッターボックスは小谷野。楽しげにバットを振り回しご機嫌。皆浦と碓井は雰囲気が変わったことに気づく

小谷野は碓井の初球を大きく空振り。迫力に観客席が湧く。私語が止まらない小谷野を審判が注意。

野田監督と尾野はU-12代表候補だった頃の天真爛漫で自由奔放な小谷野が戻ってきたと期待。

碓井の2球目はバットにかするも、ストライク。碓井は球数を増やしたくないと、続く3球目で勝負に。小谷野は咄嗟にバットを持ち替えて三遊間へヒットを放った

 

BUNGO ブンゴ 最新 208話 ネタバレ 感想

 

2週連続センターカラー企画!
1弾は碓井!
ここで碓井がセンターカラーとな!!

 

 

 

静央 対 富士ケ丘戦、七回表

 

小谷野の打球は三遊間鋭い当たり
河村がバウンドするボールをダイビングキャッチ
その間に瑛太がホームイン、ワンナウトかと諦めて1塁の方へ向きを変えると
小谷野がすでに一塁へ進んでいた

 

瑛太が戻って1点差!小谷野大金星ですね!!
これからずっとこのテンションだといいですねー

ちょっと河村がファインプレーぽくみせつつもわざと1点返させたんじゃ?と邪推してしまいます

 

静央ベンチも観客席のスカウト陣も小谷野の野球センスに脱帽
近藤は小谷野をSランクに成り得ると評価
そして静央の雰囲気が好転したのは明らかに文吾の登板がキッカケだろうと考えた
1年を覚醒させたその影響力は規格外で危険ですらあると

 

 

 

近藤さんの「危険だな」発言は文吾へのスカウトの可能性が消えたことを意味しているのでしょうか
野田と東光学園ってアリかなーと思ったんだけど・・・

 

袴田は瑛太にヘッスラのダメ出し
瑛太は自分が試合をぶち壊したから、絶対に還ってこなきゃと思ったのだと説明
辛そうな表情の瑛太の肩を袴田が片手で抱きしめてから
距離をおいて頭を叩く

瑛太がさっきベンチで話していたように
今日リードを任された自分にも半分以上責任はあるのだと語った

 

袴田の優しさ(泣)

 

袴田はキャプテンとしても捕手としても自分の責任の重大さを痛感
ここで打たないとクソだと自らを鼓舞する

 

 

 

打席に立つ見開きの袴田ショット!!かっこイイ!!
これはまさかの同点打くるのかーー

 

皆浦は守備に前にでるように指示
タッチアップもスクイズもさせない構え
対して袴田は変化球ならパスボールもあると米村に伝え挑発
小谷野にお前もだとヘルメットを2度叩きながら伝える
それは袴田からの動くなのサインだった

 

碓井はこのまま押し切って勝つ算段
渾身の一球、皆浦のセットポジションからの投球は球威が落ちることを理解していた袴田は
思惑通り初球を打ち返した

 

 

 

無事ヒットとなれば
キャッチャーとしての力量も皆浦より袴田が上だったという証明になるのでしょうか
これで同点打となったとして続くのは真琴、そして野田!
スカウト陣を唸らせる野田のバッティングを期待したい

 

 

静央 対 富士ケ丘
一回 1 – 2
二回 0 – 0
三回 2 – 0
四回 0 – 0
五回 0 – 3
六回 0 – 0
七回 1

 

BUNGO ブンゴ 最新209話へ続く
 

 

 

「BUNGO ブンゴ 208話 ネタバレ 感想 富士ケ丘戦 小谷野に続き袴田」に4件のコメントがあります

      1. あかん間違えた

        3間瀬、4野田、5文吾で、間瀬が文吾に対抗心メラメラだった…本当ごめんなさい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。