BUNGO ブンゴ 226話 ネタバレ 感想 文吾 新型ど真ん中直球に挑戦

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第226話「宣戦布告」のネタバレ感想です。リトルシニア全米選手権、決勝に進出を決め喜ぶ日本チーム。玄崎記者が持ち込んだアメリカチームのインタビュー動画を見る。選手たちは皆現実主義者でプロになろうとは考えていなかったが、ひとりマイケルだけは違った。

 

スポンサーリンク

 

226話の続き、BUNGO ブンゴ最新227話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 225話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 225話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 225話 ネタバレ

リトルシニア全米選手権。決勝トーナメント進出をロッカールームで喜ぶ選手たち。判野はひとり全裸で大騒ぎ。

そこへ玄崎記者がアメリカチームのインタビュー動画があるとやってくる。皆で動画を見るとアメリカの選手たちのほとんどがプロ入りを目指しているのではなく大学へはちゃんと行くつもりだと話していた。

キューバとアメリカの試合を観戦する一行。インタビューで唯一プロ入りしたいと言っていたマイケル・ウィリアムソンがバッターボックスに。野田はマイケルの構えを見てトップの位置を引きすぎと評すが、マイケルは木製バットで初球をホームランに

 

BUNGO ブンゴ 最新 226話 ネタバレ 感想

 

その頃文吾は・・・・

野田がアメリカで全米選手権に参加している間、文吾は袴田、米村と新型のど真ん中直球の練習に励んでいた
コントロールが難しくまだ抜け球が多い状況だ

 

 

スポンサーリンク

 

久しぶりの文吾エピソード
新型ど真ん中直球とかテンション上がりますね。

 

袴田は大きさや重さがバラバラのゴムボールを用意してやり
壁に貼った枠に向かって投げるよう指示
袴田曰く、コントロールに難ありだったメジャーリーガーを改善させたメニューのひとつなのだという
色々な刺激を与えることで安定したリリースポイントが身につくのだろうと

文吾は早速やってみるが思いの外難しく、枠を外してしまう
ひたすら練習する姿を見つめながら、袴田は米村にアドバイス

 

スポンサーリンク

 

ピッチャーが前進するために努力をしても、成果が現れず後退することすらありえる
だからピッチャーが新しい変化球に取り組む時や技術をみにつける時には、キャッチャーが客観的な助言をする必要があると

米村は主将を務めつつピッチャーのことをここまで考えている袴田の姿勢に驚愕する

 

袴田本当にすごいですね。瑛太にも別メニュー考えてあげてるんでしょうか

 

文吾は野田がもっと大きくなって世界一になって帰ると言っていたのを思い浮かべ
自分ももっと成長しておかないとと闘志を燃やす

 

アメリカ対キューバ
7回表のキューバの攻撃
ここまでアメリカは14-2と大幅リード
マウンドにはなんとマイケル・ウィリアムソンが立つ

 

スポンサーリンク

 

家永は美しくないマイケルのフォームに気づく
大きくミットをハズレるボール球だが、141kmを記録
続いて143km,144.8km,146.4kmと徐々に速度を増す

 

マイケル・ウィリアムソンまさかのピッチャーですか!
前話から頭抜けて目立ってましたがまさかここまでとは

 

ツーアウトまでキューバを追い込む
河村は荒い球は自分の嫌いなタイプだとつぶやく、杉浦は逆に一番好きなタイプだと続く

家永は明日も投げる準備をしておいたほうが良さそうだという

マイケル・ウィリアムソンは観客席の日本チームに宣戦布告
明日は自分が投げて打って勝ち、日本の6連勝を阻止するという
最後は151.2kmのストレートで試合を決めた

 

 

スポンサーリンク

 

盛り上がってまいりましたーー!!
遂に全米選手権編もクライマックス
骨のある相手との試合で野田の成長が期待できそうですね

次週は休載ですか・・・

 

BUNGO ブンゴ 227話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。