BUNGO ブンゴ 229話 ネタバレ 感想 野田 対 マイケル 挑発する野田

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第229話「決め球」のネタバレ感想です。全米選手権、決勝リーグ。日本VSアメリカ。杉浦は三振、河村はフライに倒れる。マイケルウィリアムソンの150kmの速球を前にバッターボックスにたつのは野田。一矢報いることができるか

 



スポンサーリンク


 

前話、BUNGO ブンゴ 228話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 228話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 228話 ネタバレ

全米選手権、決勝リーグ。アメリカVS日本。先頭打者は杉浦、ピッチャーはマイケルウィリアムソン。150キロ超えの豪速球を前に杉浦は三振に倒れる。続く河村はフライに終わる

バッターボックスにはマイケルが最も警戒、注目する野田が。野田は場外へのファウルとなるがマイケルの豪速球を捉えたことで会場は湧く。成田はマイケルにも劣らぬ逸材なのかと眼を見張る

 

BUNGO ブンゴ 最新 229話 ネタバレ 感想

 

日本 対 マイケル・ウィリアムソン

野田は昨日から全球ファストボールとはありえない、決め球の変化球を早く投げろとマイケルを挑発する
キャッチャーとマイケルは野田のジェスチャーの意図に気づく
野田は150kmを警戒しながら変化球を想定するため、何球かカットで凌いで軌道を確認しようと考えていた

 

野田の挑発シーンかっこいい!!
言葉も通じないのにどうしてこんなに堂々としてるんでしょう

 

 



スポンサーリンク


 

マイケルにもっと野球を楽しめと言われたのを思い出す
野田は、グラウンドは人生と才能を懸ける戦場だと考えていた
そして、自分がボロカスに打った後にも同じことが言えるか?と闘志を燃やす

 

一方のマイケルは言葉が通じない人間同士が対峙し、解り会えるなんて野球は素晴らしいと感じていた
野田が野球に対して誠実なのだということもマイケルには伝わっていた

 

そういうことですか、グラウンド上、プレーで通じあってたんですね
野田かなりアメリカにハマりそうな予感

 

マイケルは野田の要求に応えるように変化球を投げる
一瞬野田の目にはストレートに見えた球はサイドスピンがかかった高速チェンジアップだった

想定外の球種に野田は惜しくも三振に終わる

 

初戦はマイケルの勝利でしたー。残念
挑発してる様からは野田が絶対に打つ展開だと思ったんですが・・・

 

 



スポンサーリンク


 

観客席の成田はマイケルの投げた高速チェンジアップについて解説
瑛太が投げるのがパラシュートチェンジと呼ばれる縦回転、ストレートよりも15-20km程遅くゆっくり落下するもの
マイケルが投げたのは横回転でストレートよりも10km程遅い速度で鋭く落下するもの、これが高速チェンジアップで
スプリットよりも肩肘への負担が低いと言われているのだという

 

ベンチの河村は150キロ超の質の悪いストレート、質の良いストレート、高速チェンジアップの3つの球種を持っているのはやっかいだと語る
下位打線の選手達はマイケルはバッターもやるから消耗が激しいはず、球数を投げさせてやろうと話す

アメリカのベンチではマイケルとキャッチャーが話をする
野田が高速チェンジに初見で当ててきていた(わずかにチップしてた)ことを聞いたマイケル
高速チェンジに対応されてもこの試合中に自分も成長してやると闘志を燃やす

杉浦は野田が三振に終わったにも関わらず、楽しそうな表情をしていることに気づいた

 

もしかして野田はマイケルに文吾以上にワクワクしてるんでしょうか
以前コメントいただいていましたが、もしかしたら野田のアメリカ進学コースはありえるのかも?
文吾と高校でやれないのはちょっとさみしいですが、予想外の展開でテンション上がります

 



スポンサーリンク


 

杉浦や判野たちに見せ場がやってくるのでしょうか
それともこのまま野田 対 マイケル路線が続くのかな

次号休載ですかーー残念

 

全米選手権、決勝リーグ 日本 VS アメリカ

1回 0 –

 

BUNGO ブンゴ 最新230話へ続く

 

「BUNGO ブンゴ 229話 ネタバレ 感想 野田 対 マイケル 挑発する野田」に2件のコメントがあります

  1. 2話前も休載でしたね

    もしかしたらアニメ化の話がきてるのかも
    それとも単なる体調不良かな?

    1. コメントありがとうございます!
      コロナの影響でアシさんが少ないとかでしょうか

      アニメ化期待したいですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。