BUNGO ブンゴ 233話 ネタバレ 感想 全米選手権 家長 VS マイケル

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第233話「利口」のネタバレ感想です。全米選手権、決勝リーグ。日本VSアメリカ。伊佐治のストレートをマイケルはホームランに。その後両チーム1点づつ加え、迎えた5回裏、マイケルに対峙するのは家長

 



スポンサーリンク


 

前話、BUNGO ブンゴ 232話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 232話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 232話 ネタバレ

全米選手権、決勝リーグ。アメリカ VS 日本、伊佐治のストレートをマイケルが捉えホームランに。野田は自分が反対方向への打ち方を昨日マイケルに教えてしまったと伊佐治と伴野に謝る。その後、両チーム1点ずつを加えマウンドには家長が登場。対するのはマイケル・ウィリアムス

同じ頃、静岡では文吾、小谷野、米村に加え石神が自主練に参加。神社でのハードワークに参加した石神はその練習量に驚く。文吾は石神と小谷野が次代の静央の投手陣だと考え、吉見が自分にしてくれたように学んだことを伝えたいと考えていた。

神奈川の諸星宅に砂川がおやつ持参でやってくる。ふたりで一緒に日本対アメリカ戦を観戦。

 

BUNGO ブンゴ 最新 233話 ネタバレ 感想

 

家長 VS マイケル

日本ベンチで中川と伊佐治がマイケルの適応能力に驚いた話をする
中川得意のシンカーに最初はタイミングがあっていなかったのにファウルで粘られ、最後には仕留められたと
伊佐治は野田が少し教えただけで反対方向への打ち方もモノにした学習能力はすごいと認めた

 

中川いつの間にか登板してたんだ・・・

 

 



スポンサーリンク


 

成田はマイケルはまさに今が成長期
この試合中にもとてつもない速度で成長していくと語る

中川と伊佐治は理想は3球勝負
マイケルが学習する前に仕留めろと声を飛ばす

 

対マイケル、これは文吾でも厳しいですかね
すぐに習得されちゃったら、打つ手ナシですね

 

マウンドに立つ家長
マイケルは家長が右投げなことに驚く
左バッターには左投げで対応するという事前情報だったからだ

日本メンバーも予想外の展開に驚く
マイケルはどうしようかと戸惑うが、すぐにこれは逆にチャンスだ、学習すれば良いと気を取り直す

家長の美しいフォームから初球はストレート
少し高めにはずれてボールの判定
続く2球目、内角低めにまたしてもストレート
かと思いきや、スライダーだった
バットにわずかにかすり、ファウル

 



スポンサーリンク


 

 

行け家長!!いまのとこ翻弄してる!!

 

3球目も外角へのストレートかと思わせて、シュート要素を含ませる
マイケルは手が出なかったが判定はボール

すべてストレートに見せて僅かな調整を入れる家長をマイケルはハイクオリティなピッチャーだと賞賛

4球目は一転変わってカーブ
ボールを見失うマイケル
ストライクの判定

5球目は速いカーブ
バットになんとか当ててファウルの判定

カーブも数種類投げれて、他の持ち珠もすべて速度も変化も自在に操れるなら・・・と驚愕
それを察したかのように家長は右投げのほうが器用なのだと語りだす

どんな球種でも投げられる、引き出しはまだある
お利口なマイケルなら、全て対応してみろと挑発する

 

ここまで家長が圧倒していますね
最後の決め球は何にするんでしょうか、野田を意識してど真ん中直球のマネで締めてほしいな(笑)

次号休載ですかーー残念

 



スポンサーリンク


 

 

全米選手権、決勝リーグ 日本 VS アメリカ

1回 0 – 2
2回 0 – 0
3回 1 – 1
4回 0 – 0
5回 0 –

 

BUNGO ブンゴ 233話へ続く

 

「BUNGO ブンゴ 233話 ネタバレ 感想 全米選手権 家長 VS マイケル」への2件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。