BUNGO ブンゴ 235話 ネタバレ 感想 全米選手権 マイケル VS 杉浦

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第235話「懸ける」のネタバレ感想です。全米選手権、決勝リーグ。日本VSアメリカ。家長の球種の豊富さの前にマイケルはオーバーキャパしてしまい三振に終わる。続く日本チームの攻撃。疲れが見えるマイケルの前に立ちはだかるのは杉浦

 



スポンサーリンク


 

235話の続き、BUNGO ブンゴ最新236話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 234話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 234話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 234話 ネタバレ

全米選手権、決勝リーグ。アメリカ VS 日本、家長がストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップそれぞれを数種類投げられることに驚愕するマイケル。しかしこれ以上の学びのチャンスはないと考えていた。マイケルは家長の予想外のストレートの前に三振に終わる。

6回表、下位打線が粘った成果で疲れが見え始めてきたマイケル。続くバッターがフォアボールで出塁。バッターボックスには杉浦が立つ

 

BUNGO ブンゴ 最新 235話 ネタバレ 感想

 

杉浦 VS マイケル

バッターボックスに立つ杉浦
マイケルの初球
141kmの高速チェンジを前に空振り
2球目、154.4kmの速球
こちらも大振りで空振り

 

ド迫力の対決!マイケルも鬼気迫る感じが出てきましたねー

 

 



スポンサーリンク


 

最高の2球で追い込んできたと玄崎と成田
アメリカチームのキャッチャーは杉浦のスイングを警戒し、外野を下がらせる
マイケルは目の前の杉浦が勝利を渇望するライオンのように見えた

 

動物例えって初ですかね、杉浦がライオンだと野田は黒豹で
河村はゴリラかな・・・

 

マイケルは日本チームのおかげで進化した新しい自分に出逢えると気合が入る
3球目の勝負球はチェンジアップ

杉浦はストレートだと予測していたため体勢が前に流れてしまう
しかし人生を賭けた連中とのギリギリの戦いをくぐり抜けてきた経験から
バットにうまく当ててレフト線へのヒットとなる

 

杉浦かっこええ。一矢報いましたね

 

ワンナウト1,3塁のチャンス
出塁した杉浦はポテンヒットは本意じゃないが及第点だろうとつぶやく

 



スポンサーリンク


 

そしてバッターボックスには河村
河村は自身の敗戦を思い浮かべながら、、マイケルに語りかけた
これからマイケルは全てを捧げた勝負に敗けるわけだが立ち直り方は教えてやると

マイケルは河村から圧迫感を感じるも
河村との勝負に自信を見せた
数分前の自分とは別人だと思ったほうが良いと

 

盛り上がってまいりましたーー
続いては河村VSマイケル!!
動物例え期待

河村が文吾との敗戦を機にどう変わっているかが見れそうですねー
これはこの回で同点まで行くんじゃないでしょうか

 

全米選手権、決勝リーグ 日本 VS アメリカ

1回 0 – 2
2回 0 – 0
3回 1 – 1
4回 0 – 0
5回 0 – 0
6回 0

 

BUNGO 236話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。