BUNGO ブンゴ 238話 ネタバレ 感想 マイケル VS 野田 試合中に涙

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第238話「楽しい」のネタバレ感想です。石神は文吾との練習に付き合い、その球威に驚く。文吾は日本一のピッチャーになって野田と一緒に戦おうと考えていた。野田は全米選手権でマイケルを前にここで打てれば日本一の打者だと言えると考えていた

 



スポンサーリンク


 

238話の続き、BUNGO ブンゴ 最新239話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 237話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 237話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 237話 ネタバレ

文吾の練習に同行した石神はやってきた袴田に文吾のベストピッチはどんなだと尋ねた。袴田は・・・の時だと思うぜと応え石神たちを驚かせた

文吾はアメリカで試合中の野田のことを思い、自分も頑張らないとと気合を入れる

全米選手権、野田はマイケルと対峙。この場面でマイケルから打つことができれば日本一のバッターになったと胸を張って言えるだろうと考えていた

 

BUNGO ブンゴ 最新 238話 ネタバレ 感想

 

マイケル VS 野田

マイケルの脳に野田から強いシグナルが送られる
マイケルはボールを投げながら、野田と語らう
野球が楽しいか、野球を愛しているか、自分はすごく楽しんでいると

 

久しぶりの連載再開ですよね!!嬉しいです!!

 

152kmの初球はボール
続く152.6kmは力みすぎてまたボール
マイケルは心の中、ゴメンと謝る。野田は謝る必要ねーだろと微笑む

 

 



スポンサーリンク


 

ちょっとなんですか、このふたり
すっかりわかりあえてる

スポーツは、野球は万国共通言語ということですね

 

3球目、155km ストレート
野田は振り遅れてストライク
続く4球目、156.2km ストレート
続いても振り遅れストライクとなる

 

まままさかのド迫力見開き2連発ーー

 

野田はマイケルのボールの質に驚愕
また出会ってしまったと悔しがる

マイケルは野球を楽しめと言っていたが・・・と考える
ロクに働かない父親に夢を託され
野球で家計を支えなければならないプレッシャーに晒されている
自分と父を捨てた母が、いつか自分が野球で有名になれば自慢できる息子だと思って
会いに来てくれるだろうと、だから野球で1番を目指そうと頑張ってきた
しかし
次々に自分を上回る才能が現れ
天災だと思っていた自分が虚像、相棒だと思っていた相手も自分の遥か上の存在だと知らされてしまう

 

せっつない展開になりました。
野田監督、たしかに仕事そっちのけ感ありますよね。仕事何してるんでしたっけ
野田ママは高校編でぜひ出てきて欲しいです。

 

野田は涙ながらに、野球が楽しいわけ無いだろと答えた
驚くマイケル
野田はつらい思いをしても野球から離れることができないでいる自分はどうしようもなく野球を愛してしまったんだと理解していた

マイケルは野田からのシグナルが強くなったのを感じる

 



スポンサーリンク


 

 

いやー今週もド迫力です。野田の涙には驚きました
涙するほどの野球愛

 

マイケルは次のボールで決着をつけようとボールを握った

 

ストレート3連続・・・とはならないですかね
ここで変えてくるかなー

次回野田が打って日本が逆転すれば、そこからはサクッと全米選手権編が終わりそうな予感です
どっちが勝つかなー
野田はここで爆発的成長しなきゃ、本人も認めていましたけど文吾にちょっと見劣りしますよね

 

全米選手権、決勝リーグ 日本 VS アメリカ

1回 0 – 2
2回 0 – 0
3回 1 – 1
4回 0 – 0
5回 0 – 0
6回 0

 

BUNGO 239話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。