BUNGO ブンゴ 239話 ネタバレ 感想 マイケル必殺のレベル 野田の閃き

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第239話「閃き」のネタバレ感想です。全米選手権、野田とマイケルの戦い。2-2と野田を追い込んだマイケル。野田は野球を楽しんでいるかというマイケルの問いにこれまでの野球半生を振り返り、愛していると涙する。

 



スポンサーリンク


 

239話の続き、BUNGO ブンゴ 最新240話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 238話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 238話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 238話 ネタバレ

全米選手権、野田とマイケルはプレーをしながらお互いに語り合う。マイケルの1,2球目はボール。3球目、4球目はうってかわってストレート

追い込まれた野田、野球を楽しんでいるかという先日のマイケルの発言に、野田はロクに働かない監督/父とふたりを捨てて出ていった母のことを考え、生きるために野球をしていた、自分が特別だという自信はライバルたちの登場でいとも簡単に打ち砕かれ、それでも毎日野球をうまくなりたいと思うのは愛しているからだろうと涙する

 

BUNGO ブンゴ 最新 239話 ネタバレ 感想

 

野田 VS マイケル

マイケルとどめの一球
野田はそれがパラシュートチェンジだと気づく

河村のような左バッターには逃げながら沈むので厄介だが
右バッターの野田には体へ近づいてくることになるボールだと河村からアドバイスをもらった球だ
タイミングを外されても、ファウルで逃げられると考えていた

 

野田もう泣いてないですね・・・前話のラストシーンそのまま泣きながら打つのだとばかり

 

しかしマイケルのパラシュートチェンジは進化しており
河村の時よりも緩急が強まっていた

 



スポンサーリンク


 

驚愕する河村
そして野田もボール球になると気づくもすでにスイング中だった
なんとか当てなければと考えるも、まだボールは遠くに

スローモーションの中、動きをどうにか止めようとゆっくりとスイング
次の瞬間、急に力が抜けなんとか球に当てることに成功
結果なんとか食らいつきファウルの判定

 

あれ・・・カウント2-2ってなってるけど既に2-2じゃなかったですっけ?
今3-2かな?
ファウルなので2-2であってましした。失礼しました。

 

成田はストレート、高速チェンジ、パラシュートチェンジの3球全てが必殺のレベルに達したと舌を巻く
これの球を中学生が打てる道理がないと

進化するマイケルを前に絶望するのかと思いきや
野田は先程のスイングから閃きを得る
タイミングを合わせてトップを決めたらゆっくりとスイングする・・・
気持ち悪さを感じながらも常にそれが体現できるなら、打てない投手はいないという感じていた

野田は自分のバッティングの完成型を垣間見たのだった

 

野田が閃いちゃうシーンは汎用性高いですね(笑)
頭からビーム?出てた

まだ何ができるようになりそうなのかがわかりませんが
野田が圧倒的成長をしそうですね!ワクワクします。強者を前にして進化するふたり、良い関係ですよね。試合後も交流が続くと面白いなーと思います

 

 



スポンサーリンク


 

全米選手権、決勝リーグ 日本 VS アメリカ

1回 0 – 2
2回 0 – 0
3回 1 – 1
4回 0 – 0
5回 0 – 0
6回 0

 

BUNGO 240話へ続く
 

「BUNGO ブンゴ 239話 ネタバレ 感想 マイケル必殺のレベル 野田の閃き」への2件のフィードバック

  1. 2ボールから先週2ストライクになって
    今週ファールだから2ストライク2ボールのままですよね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。