BUNGO ブンゴ 241話 ネタバレ 感想 全米選手権終了 優勝したのは?

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第241話「吉兆」のネタバレ感想です。全米選手権、野田とマイケルの戦い。マイケルは最後の決め球として高速チェンジアップを投げる。野田は難しい泳ぎながらバットのヘッドを走らせる打法で打ち返すも、ボールは外野フライに終わる?

 



スポンサーリンク


 

前話、BUNGO ブンゴ 240話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 240話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 240話 ネタバレ

全米選手権、野田は掴みかけていた理想のバッティングがこれまでと真逆の発想で、今重要なこの局面で試すべきか迷う。しかしマイケルが好き勝手やっていることに気づき本心を信じてやってみることにする

マイケルの決め球は高速チェンジアップ。ストレートに見せかけて一気に地面付近まで急降下、野田はプロでも難しい泳ぎながらバットのヘッドを走らせることをやってみせる。打ち返したボールはしかし、中学生の体重では乗り切らず、平凡なフライに終わりそうになる

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 241話 ネタバレ 感想

 

全米選手権、その後

シカゴ オヘア空港
帰ろうとする一行から野田は離れて歩く

決勝戦の後からずっと機嫌が悪い様子

 

決勝の後・・ということは試合終了でこの機嫌の悪さは敗けたってことですかね

 

 



スポンサーリンク


 

そこへマイケルウィリアムソンがやってくる
成田に無理を言って連れてきてもらったのだという
マイケルはアリガトウゴザイマシタと頭を下げる

日本の戦う姿勢に感銘を受けた
もっと成長し、また日本チームと戦いたい
そして6連覇おめでとうと伝えた

 

おおおおお日本チーム勝ってたのかー!
にしてもマイケルめっちゃ良いやつ。また出てきてほしい

 

野田が打ち返したボールは体重こそ乗り切らず、柵越とはならなかったがフェンス直撃の安打
その間に杉浦がホームイン
同点に追いついた日本
続く判野が野田との戦いで全力を出し尽くしたマイケルから2ランホームランをお見舞い
最後は家長が左右良腕でアメリカ打線を抑え込み日本が5-3で勝利したのだった

 

判野ホームランとかすごすぎでしょ
マイケルお疲れだったみたいですが…野田も河村も苦戦したのが嘘のようですね

 

メンバーは野田のバッティングがなければ勝てなかったと認めていたが
本人は全く納得しておらず、挫折を感じていた

 



スポンサーリンク


 

家長は野田を自分と同格だと認め
今後、努力を続けた先に新たな銀河が生まれるだろうと考えていた

 

例えが壮大!(笑)
新たな銀河か・・・家長と野田の対決も楽しみですね。いつか実現するでしょうか

 

帰りの機内で野田は最後のバッティングを振り返る
タイミングもスイングも完璧だったのに柵越できなかったのは筋力や思考力、練習量などが足りないからだと悔しがる
全ての項目を向上させないといけないと

かすかに見えた自分のバッティングを全国大会で必ず会得してやろうと誓う

 

さて次回は文吾との久しぶりの再会となるようでお互い刺激受けまくりのエピソードになるのでしょうか
全国大会編楽しみです。日本代表チームで出てきたメンツとの対決があるのでしょうか
それとも代表には敢えて選ばれなかったヤバい新キャラとか出てくるかなー

 

 



スポンサーリンク


 

全米選手権、決勝リーグ 日本 VS アメリカ

1回 0 – 2
2回 0 – 0
3回 1 – 1
4回 0 – 0
5回 0 – 0
6回 4 – 0
7回 0 – 0

 

BUNGO 242話へ続く

 

「BUNGO ブンゴ 241話 ネタバレ 感想 全米選手権終了 優勝したのは?」への4件のフィードバック

  1. やっとアメリカ編が終わってくれて嬉しい。
    つまらなくはなかったけど、どうしても緊張感が足りなかった。
    全国大会編が楽しみ。

    1. 全国大会たのしみですよね!野田がアメリカで爆発的成長をするのかと思いきや、そこは文吾とはまた違う成長のしかたなんだなと判って面白かったです

  2. 野田の意識の高さには脱帽です。
    今回の選手権を通して、彼のバッティングの完成形を見れたのは大きな収穫だったと思います!
    全国大会では果たしてどこまで近づけるか注目です!

    1. ホントですよね、中学生にしてこの意識の高さ!全国大会での急成長っぷりを期待してしまいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。