BUNGO ブンゴ 243話 ネタバレ 感想 全国大会へ向けバスローブ姿で乾杯

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第243話「最後の大会」のネタバレ感想です。全米選手権を終えて野田が青央の練習に戻る。全国大会まで残り2週間となり、野田はスウィングを撮影し分析。文吾は新型ど真ん中直球の練習に励んだ。

 



スポンサーリンク


 

243話の続き、BUNGO ブンゴ最新244話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 242話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 242話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 242話 ネタバレ

全米選手権を終えた野田は久しぶりに練習に顔を出す。皆が野田の活躍を賞賛するが野田は最後のバッティングで柵越できなかったことを悔やむ

全国大会へ向けて野田はスウィングの動画を撮影してチェック。文吾は新型ど真ん中直球の練習に励む。青央の初戦の相手は北九州。

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 243話 ネタバレ 感想

 

全国大会へ向けて

間瀬宅
トレーニングルームで瑛太と間瀬は体が柔らかいことを尾野に見せつける
休憩になり、尾野はプロテイン入りのパンケーキを提供

瑛太と間瀬は全国大会が終わると尾野とサヨナラなんて・・・と切ない気持ちになる

 

 



スポンサーリンク


 

間瀬宅すごすぎる!相変わらずの豪邸。最初のシーンはトレーニングルームですよね?家の中にあるってビビる
尾野がすっかりエプロンまでしてお手伝いさんモードなのも笑う

 

間瀬は瑛太に1番を奪われたからといっておとなしくなるつもりじゃないだろうね?と訊く
瑛太は文吾がいつプレシャーに押しつぶされるかわからない、その時は実質のエースは瑛太だと言わせるピッチングをするつもりだと応える

瑛太は一方で、関東大会調子のよくなかった間瀬を案ずる
間瀬はトータルコーディネートを重視していて、青央で最も優れた野手が自分だと証明すると自信を見せた

 

ふたりともバスローブにシャンパングラスで何飲んでるんでしょうね(笑)
そして尾野・・・尾野はなんか抱負言わないの?ふたりは尾野にちゃんと指導してあげてる?尾野がキレてふたりにダメ出しとかするのが見てみたいです

 

野田は家で監督が止めるのも聞かずマシントレーニングをする
感覚に微妙な変化があったらどうする?と心配する監督だったが、野田は変化がほしいと譲らない
そこへ真琴もマシンを使った練習がしたいとやってくる
珠希のような身体にパワーアップしたいのだという

いい方向へ変化したら面白いじゃないかという真琴に監督は押し切られてしまう

 

真琴トレーニングウェア着てるから、最初からマシン使わせてもらいに来たんでしょうか
珠希のほうが身体能力高かったんですね

 

文吾は米村と新球の練習
米村は腕が振り切れていないのでキレがないと指摘
むしろ、新球が無くても、全国優勝を狙えるのでは?今新しい試みをするのがプラスになるとは限らないと

 



スポンサーリンク


 

文吾は少し考えてから、全国大会優勝は前提条件で
その上でいつも近くで支えてくれた袴田に恩返しがしたいんだと目を輝かせた

 

ラストシーンの文吾は目がヤバいですねー。ギラついてて新球に期待ができそうです
そして、袴田への愛!ちゃんと感謝してたんですね。前提条件が全国大会・・・そのうえで恩返しってどういうことなんでしょうか
袴田はもう推薦先も決まってるし、一緒の高校行こうよって話じゃなさそうですしねー

 

BUNGO 244話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。