BUNGO ブンゴ 248話 ネタバレ 感想 北九州戦 エース文吾の万能感

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第248話「エースの景色」のネタバレ感想です。全国大会初戦、青央VS北九州。先発の石神が好投を見せるも北九州が5回に猛追。小谷野のミスもあり2点差までに迫られてしまう。ここでマウンドには文吾が投入される。

 



スポンサーリンク


 

248話の続き、BUNGO ブンゴ最新249話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 247話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 247話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 247話 ネタバレ

青央VS北九州 青央先発の石神が好投。5回表、北九州がノーアウトランナー1,2塁と得点のチャンス

文吾と野田はマウンドの石神を励ます。石神は気合のピッチングでツーアウトまで迫るが、小谷野のミスで得点を許してしまう

2点差まで迫られた青央、ここで文吾が投入となる

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 248話 ネタバレ 感想

 

北九州 VS 青央

石神に代わりマウンドに立つ文吾

ミスして落ち込む小谷野にベンチから3年の横山と新迫が声援を送る
文吾も小谷野の頭に手をやり、堂々と振る舞うんだと声をかける

 

 



スポンサーリンク


 

良い先輩たちですねー。特に横山と新迫!
回想シーンがなきゃ思い出せないレベル

 

文吾は駆け寄った野田や袴田たちに状況を淡々と説明
ランナー2,3塁で迎えるのはクリーンナップ

袴田たちは文吾の様子が何か妙だと感じる

盛り上がる北九州観客席
代わって青央の観客席は祈るような様子

文吾は父と姉が見に来てくれていることに気づく

 

お姉ちゃん久しぶりじゃないですか!お母さんってそういえばまだ未登場でしたっけ?

 

文吾は周りがはっきりと見えることに気づく
選手たちの表情や感情が手にとるようにハッキリとわかった

 

これは・・・ゾーンにすでに入ったということですかね。
ひとりレベルが大幅に違うキャラみたいでかっこいいです

 

 



スポンサーリンク


 

突然胸の高鳴りを感じ、吉見にいつかエースの座席から見える本当の景色は凄いと言われたのを思い出す

文吾は万能感を感じ、限界なんて無いと考えていた

 

エースを背負った見開き文吾
ユニフォームを突き破り、背中に刻まれた1!!!間瀬っぽい(笑)

そうかエースを正式に背負って戦う公式戦はこれが最初になるんですね

 

同じ頃、横浜の会場でジョグをしながら汗を流していた家長吉見
ふと立ち止まり、強い風が吹くのを感じ、来たかと何かを確信した

 

家長がエース文吾を肌で感じたってことですか?
家長やっぱりスケールがでかい!距離なんかお構いなしで強いやつを感じられる能力の持ち主だなんて

なんと家長じゃなかっった・・・吉見パイセンでした。だから横浜なのかあああ
コメント欄で教えてくださった方ありがとうございます。

 

文吾はこんな気持で良いのかと少し戸惑いつつも、バッターボックスに立つ北九州の選手にボールの握りを見せつける
イラつくバッター

文吾は可能性を一切感じさせないと自信を見せる
自信しか湧いてこない文吾の初球は・・・

 

こんだけ煽られたらどんな球が来るのか期待してしまいます。ど真ん中直球ってわけじゃなさそうですね、初球は。
文吾のエースとしての投球、これまでよりも更にパワーアップしているのでしょうか

 

 



スポンサーリンク


 

北九州 VS 青央

1回 0 – 0
2回 0 – 2
3回 1 – 0
4回 0 – 2
5回 1

 

BUNGO 249話へ続く
 

「BUNGO ブンゴ 248話 ネタバレ 感想 北九州戦 エース文吾の万能感」への4件のフィードバック

  1. お母さんは故人ですね。
    一章の最後、上本牧戦でお姉さんが、母がいないから自分が母の代わりになるという回想があったはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。