BUNGO ブンゴ 268話 ネタバレ 感想 文吾 VS 判野 その1

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第268話「正解」のネタバレ感想です。知多翔陽と青央の一戦。観客席には大府のスカウト、渡部の姿が。守備練習を終えて試合開始。文吾は2人を三振に抑えるも三科をフォアボールで歩かせてしまう。バッターボックスには判野が・・・

 



スポンサーリンク


 

268話の続き、BUNGO ブンゴ 最新269話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 267話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 267話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 267話 ネタバレ

知多翔陽 VS 青央 両チーム守備練習を終えて試合開始。観客席には判野が進学予定の大府のスカウト、渡部の姿が。渡部は大府に野田と文吾もやってくれば絶対王者東光を倒すという正夢が見れそうだと語る

文吾は先頭打者、2番打者を三振に抑えるも、続くピッチャー三科にはフォアボールを出してしまう。知多翔陽の選手たちは文吾のコントロールがまだ定まらず甘い球が入ると考えていた

バッターボックスには判野。早々に文吾との勝負が始まろうとしていた

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 268話 ネタバレ 感想

 

知多翔陽 VS 青央 1回表

ツーアウトランナー1塁の場面でバッターボックスには判野
米村は試合前に声をかけてくれたことに感謝

判野はお互い万全の状態で最高の真剣勝負をしようと闘志を燃やす

 

 



スポンサーリンク


 

直接対決早速実現なりますでしょうか
それとも、袴田がちらっと言ってたみたいに敬遠するんですかね

 

米村は日を追うごとに袴田の凄さを実感していた
攻守に活躍し、チームを纏め、文吾と瑛太にリードをするなんて
自分にはできないことだが、自分は自分のできることに集中すると決意
文吾の投げたい球を全力で受け、文吾の気持ちを最大限に高めることなら自分にもできるかもと考えていた

 

よねむー謙虚でかわいいですねー
良き後輩を持ちましたね

 

文吾は米村がどんなサインを出しても自分が正解にする気概でいた

文吾の初球
袴田には一瞬ボールが視界から消えたように見え手が出ない

その間に、三科が盗塁

 

 

観客席にいた桜花のエース加賀が吉見に1塁空いたが敬遠は?と訊く
吉見はそれは愚問に近いと応えた

 

ハハハ・・そうか敬遠なしっすか。これは文吾VS判野が堪能できそうですね

 

文吾の2球目
外側への変化球に判野渾身の大ぶり
カウントは0-2

翔西のキャッチャー、今津は空振りでも判野が体勢を崩さずに溜めてスイングできていたことに注目
バッテリーとしては嫌な空振りだと

 

さすがに初回ですし、まずは文吾が勝つのかなーと思っていますが
すぐに順応されてしまいそうではありますね

 

判野は甘い球が入れば仕留めると気合を入れ直す
文吾は判野のスイングに感心しつつも、イメトレのせいか今の所良い動きができている気がしていた

文吾の次の球はど真ん中直球
ただ、今回は新型だった

 

新型ど真ん中直球だああああああああ
これは軽いフォームで前夜投げていたシャドーから、なんとなく予感しておりましたが
早くも見せてくれるんですね。新型だと身体の負担を低減できているのでしょうか
なんかどんどん進化してきますねー

 

 

初回はなんとか0点で終えられそうですね。次回の青央の攻撃にも期待です。

 

知多翔陽 VS 青央

1回表 0 –

 

知多翔陽
1番 ショート 岩塚
2番 センター 亀島
3番 ピッチャー 三科
4番 キャッチャー 判野
5番 サード 高畑
6番 ファースト 中村
7番 セカンド 栄
8番 ライト 丸内
9番 レフト 千種

 

青央
1番 サード 小谷野
2番 セカンド 神谷
3番 ライト 鮎川
4番 ショート 野田
5番 センター 間瀬
6番 ピッチャー 石浜
7番 ファースト 船木
8番 キャッチャー 米村
9番 レフト 尾野

 

BUNGO 269話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。