BUNGO ブンゴ 269話 ネタバレ 感想 新型ど真ん中直球とは?

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第269話「新型」のネタバレ感想です。知多翔陽 VS 青央、一回表 ツーアウトランナー1塁でバッターボックスには判野。文吾はツーストライクまで追い込み、決め球に新型のど真ん中直球を選ぶが・・・

 



スポンサーリンク


 

269話の続き、BUNGO ブンゴ 最新270話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 268話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 268話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 268話 ネタバレ

知多翔陽 VS 青央 1回表、ツーアウトランナー1塁の場面で迎えるは4番判野。米村は試合前に声を賭けてもらえたことに感謝を伝える。

文吾はツーストライクまで判野を追い込む。その間に1塁にいた三科は盗塁で2塁へ。文吾は決め球をど真ん中直球に。しかし今回は新型のど真ん中直球だという

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 269話 ネタバレ 感想

 

新型ど真ん中直球とは

回想シーン
これまで文吾はど真ん中直球を投げる時にボールを指を開いて握っていたが
今後は人差し指と中指を閉じて投げようと考えていると瑛太と袴田に話す

瑛太はまだ進化の余地があったのかと驚愕

 



スポンサーリンク


 

文吾は制球を重視するため、指を開き縫い目にかけていた
指を閉じるということは球威を重視
ボールへ全身で生み出したパワーが伝わる仕様だ

新型ど真ん中直球はリミッターを完全解除したパワーボールなのだ

 

うおおおお、冒頭からめちゃテンションあがるううう
これはさすがの判野も動けもしないんじゃないだろうか

 

文吾の新型ど真ん中直球
速さに圧倒される判野だったが、米村がミットで弾いてしまう
その間に三科が三塁へ

 

うひーー、よねむー大変すぎる
これでおちこまなきゃいいな・・・

 

観客席にいた今津、東堂、加賀は球威に驚きつつも
得点を獲られる状況が増してしまったと指摘
吉見だけは今のは・・・と何かに気づいた様子

米村は文吾に駆け寄り謝罪、文吾は自分の投げミスだとフォローしつつ
まだど真ん中直球を使う、ただし新型じゃないという

 

 

 

旧型と新型のミックスでしょうか
吉見は何に気づいたのかなー

 

判野はど真ん中直球に驚くも、あんなに抜けるという情報は初めて聞いた
もしかしたら何かを試したのでは?と考えるが
考えてもわからないよなと眼の前のことに集中する

 

吉見も同じことに気づいていたってことですね、新型だけど試し投げ?てきな?

 

ツーアウトランナー三塁
文吾の投球フォームからど真ん中直球ではないと判断した判野
しかし向かってくるボールはど真ん中直球の抜け球と同じ軌道

次の瞬間、ボールは軌道を変えて見逃し三振
袴田はピッチトンネルを使い、新型の抜け球の軌道にカーブを乗せて偽装したのだと理解した

米村が文吾の成長を象徴するような一球を受けたことを羨ましく思うのであった

 

 

 

VS判野、初回は文吾の勝ちでしたね。
まだ新型ど真ん中直球には秘密がありそうなので、以降の進化にも期待です。

青央の攻撃はサクッと3人で終わりそうな予感です・・・(小谷野、真琴、瑛太)

 

知多翔陽 VS 青央

1回表 0 –

 

知多翔陽
1番 ショート 岩塚
2番 センター 亀島
3番 ピッチャー 三科
4番 キャッチャー 判野
5番 サード 高畑
6番 ファースト 中村
7番 セカンド 栄
8番 ライト 丸内
9番 レフト 千種

 

 



スポンサーリンク


 

青央
1番 サード 小谷野
2番 セカンド 神谷
3番 ライト 鮎川
4番 ショート 野田
5番 センター 間瀬
6番 ピッチャー 石浜
7番 ファースト 船木
8番 キャッチャー 米村
9番 レフト 尾野

 

BUNGO 270話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。